オンラインで個別指導塾のように学ぶプログラミング家庭教師サービス「LOGY」公開、一般登録を開始

株式会社Yoki(代表取締役社長:東出風馬 本社:神奈川県鎌倉市)は、2019年9月24日に自宅からプログラミングが学べるオンライン家庭教師サービス「LOGY(呼称:ロジー)」を公開した。

LOGYはオンラインで生徒と講師を繋ぎ、個別指導塾のようにリアルタイムで授業が受けられるサービスである。

小学校におけるプログラミング教育の必修化が来年に迫り、その関心度も高まってきている。

また大学入試共通テストへ「情報科目」の導入が検討されるなど、これからもその関心の高まりが見込まれている。

しかしながら都市部におけるプログラミング教室数は増加の一途を辿る中、地方へ目を向けてみると、その需要に対して供給が追いついている状況とは言えない。

また、現在のプログラミングスクールは多くの課題を抱えていることも指摘されている。

例えば、競争激化による授業の質の低下・曜日や時間の都合が合わない・月謝単価が高いなどが挙げられる。

そこでYokiはオンラインでプログラミングが学べるサービスを展開することにより、それらの課題の解決に取り組む。

LOGYではオンラインの特性を生かし、海外に在住する講師が教えることや、教室がない地域や海外在住者へ授業を提供することも可能。また時差を活用することにより、時間帯も柔軟に調整することができる。

9月24日からLOGYのウェブサイトを公開し、一般登録を開始した。

初回授業は無料で体験することができ、その後も契約期間等の縛りなく受講することができる。

「LOGY」サービスの概要

LOGY〈ロジー〉はネットとパソコンがあれば、どこからでもプログラミングが学べるサービス。

LOGYはインターネットを通して、世界中の先生とつなぐため、子どもに世界で一番合う講師を探して授業を受けることができる。

‪一対一の子どもに合わせた探求型の授業だから、興味や特性・レベルにひとりひとり合わせた授業を受けることができる。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。