学研、『小学生のためのスター・ウォーズで学ぶはじめてのプログラミング』発売

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇 秀行)は、2019年9月19日(木)に『小学生のための スター・ウォーズで学ぶ はじめてのプログラミング』を発売したことを発表した。

『小学生のための スター・ウォーズで学ぶ はじめてのプログラミング』概要

小学生の習い事として注目を集めているプログラミング。

その背景には2020年度から小学校で必修化されるという動きがあり、スクールやアプリなども増えてきた。

しかし、親世代でプログラミング経験がある人は多くなく、「何から始めればいいのかわからない」、「プログラミング教室は月謝が高い」とハードルの高さを感じる人も多いようだ。

新発売の『小学生のためのスター・ウォーズで学ぶ はじめてのプログラミング』では、スター・ウォーズのキャラクターが登場する本を読んでプログラミングの考え方を学びながら、ウェブサイト上で実際に操作をしてゲームを作ることで、ものづくりの楽しさを味わいつつプログラミングに慣れることができる。

特徴

スター・ウォーズファンなら一度は試してほしい、ドロイドのゲームが作れるプログラミング学習サイト

Ⓒ&TM 2019 LUCASFILM

Ⓒ&TM 2019 LUCASFILM

利用するのはcode.orgというプログラミング学習用のサイト。

サイトはパソコンまたはタブレットとインターネット環境があればだれでも利用することができる。

ゲームの主役はR2-D2やC-3PO。

追いかけてくるストームトルーパーから逃げる、マウスドロイドをすべてつかまえたら勝ちという設定にする…というように、プログラミングでさまざまなゲームを作ることができる。

スター・ウォーズファンにはおなじみの効果音や場面を設定したり、キャラクターの種類を増やしたりといったこともプログラムを使って行う。

パズルピースのようなブロックを積み重ねてプログラミングする方式で、子どもにも視覚的にわかりやすく、はじめてのプログラミング体験に最適。

本を見ながらこのサイトで遊んでいるうちに、ゲーム感覚でプログラミングの基本的な考え方が身につく。

スター・ウォーズの世界観で論理的思考力や問題解決力が身につく本

▲「プログラミングとは何か?」をやさしく解説。Ⓒ&TM 2019 LUCASFILM

Ⓒ&TM 2019 LUCASFILM

本にはルーク、レイア、ハンらの人気キャラクターが登場し、スター・ウォーズのキャラクターが出すミッションをプログラミングで解決していく構成になっている。

まずは簡単な説明を読み、プログラミングに必要な論理的思考力を養うための迷路やぬり絵問題に挑戦する。

▲画像と文章の解説を見て、スモールステップで進めていける。Ⓒ&TM 2019 LUCASFILM

Ⓒ&TM 2019 LUCASFILM

次に、本に載っている手順を見ながらサイト上でプログラミングをしていく。

プログラミングが終わったら、自分で作ったゲームをプレイして、正しくプログラミングできているかどうかを確認する。

▲ゲーム作りのミッションに挑戦。Ⓒ&TM 2019 LUCASFILM

Ⓒ&TM 2019 LUCASFILM

本で学んだことを復習するための課題も載っている。サイト上で実際にプログラミングしながら課題に取り組む。

この一冊で、イベント、くりかえし、変数、条件分岐といったプログラミングの基本的な考え方を学ぶことができる。

商品名

『小学生のための スター・ウォーズで学ぶ はじめてのプログラミング』

キキ・プロッツマン/サイモン・タトム

監修

多田淑恵

定価

本体1,400円+税

発売日

2019年9月19日(木)

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。