教育イノベーターのためのグローバルカンファレンス 「Edvation x Summit 2019」11月4・5日に開催

国内外におけるEdTechの推進を行う一般社団法人教育イノベーション協議会(所在地:東京都港区、代表理事:佐藤 昌宏)は、教育イノベーターのためのグローバルカンファレンス「Edvation x Summit(エドベーションサミット) 2019」を、11月4日(月・祝)、5日(火)に、千代田区立麹町中学校および東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井カンファレンスの2会場にて開催する。

「Edvation x Summit」開催目的・背景

登壇者スピーチ

デジタルテクノロジーの劇的な進化により、これからの産業、仕組み、ルール、制度等あらゆる面でのイノベーションが不可欠となっている。

そんな中、教育イノベーション協議会はテクノロジーを活用して教育分野のイノベーションを推進すべく、「新しい教育の選択肢を知ってもらうこと」と「既成概念にとらわれない教育イノベーターを生み出すこと」を目的として、「Edvation x Summit」を2017年に初めて開催し、本年は第3回となる。

開催にあたっては、宿題・定期テスト・クラス担任制を廃止した先進的な取り組みで知られる千代田区立麹町中学校の全面協力のもと、学校教育についてはもちろん、少子高齢化に伴い注目が高まるリカレントやSTEAMなど、様々なカテゴリにおける教育のスペシャリストたちを招いている。

「Edvation x Summit 2019」開催概要

VR体験

Edvation x Summitの特徴は、最大級の「教育グローバルカンファレンス」であるという点。

教育分野でのイベントは国内でも数多くあるが、Edvation x Summitは世界各国から教育分野の最先端を走り続けるイノベーターを集め、全セッション同時通訳つきで提供する。

また、立食形式のミートアップも両日開催されるため、世界最先端の教育イノベーターたちの話を聞くだけにとどまらず、双方向のコミュニケーションを通した人脈形成、ネットワーキングも行うことができる。

それ以外にも、AIやロボティクス等を活用した最先端の教育ソリューションを体感できる展示やワークショップも行われる。

日時

2019年11月4日(月・祝)、5日(火)9:00~18:00(懇親会:18:30~20:30)

場所

東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井カンファレンス/千代田区立麹町中学校

参加費

10,000円/2日(1Dayチケット、早割チケットなどオプションあり)

動員見込数

3,000人(昨年実績:2,700人)

登壇者

  • 工藤 勇一 氏(千代田区立麹町中学校 校長)
  • 猪塚 武 氏(キリロム工科大学 学長)
  • 浅野 大介 氏(経済産業省 商務・サービスグループ サービス政策課長 兼 教育産業室長)
  • 山口 文洋 氏(株式会社リクルート 執行役員 教育・学習事業担当)
  • 稲田 大輔 氏(atama plus株式会社 代表取締役)
  • 若宮 正子 氏(世界最高齢のアプリ開発者)
  • 中島 さち子 氏(ジャズピアニスト/数学者)
  • 葉一 氏(YouTubeクリエイター)
  • Julia Shatilo 氏(SXSW EDU Conference Programming Manager)
  • Simon Leung 氏(NetDragon Websoft Holdings Limited Vice Chairman)
  • Leandra Tejedor 氏(Cofounder and CPO of Vidcode)

他、全100名程度を予定 ※登壇者は変更となる場合あり

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。