アダプティブな対話式ICT教材「すらら」、漢字検定・高校入試対策ができる漢字コンテンツの提供を開始

株式会社すららネット(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:湯野川孝彦)は、学習者が手書きした漢字のとめ・はね・はらいや書き順までその場で正誤判定することができ、漢字検定・高校入試対策として学習できる漢字コンテンツの提供を9月20日に開始した。

すららネットは、「教育に変革を、子どもたちに生きる力を。」を企業理念とし、アダプティブな対話式 ICT 教材「すらら」を、国内では 800 の塾、160 の学校に提供している。

発達障がいや学習障がい、不登校、経済的困窮世帯を含む 66,000 人以上の生徒に学習の機会を提供するなど日本の教育課題の解決を図ることで成長を続け代表的な EdTech スタートアップ企業として2017年に東証マザーズに上場した。

AI×アダプティブラーニング教材「すらら」は小学校1年生から高校3年生までの国語、算数/数学、英語の学習を、先生役のアニメーションキャラクターと一緒に、一人一人の理解度に合わせて進めることができるアダプティブなe-learning教材である。

レクチャー機能、ドリル機能、テスト機能により、一人一人の習熟度に応じて理解→定着→活用のサイクルを繰り返し、学習内容の定着をワンストップで実現できる。

初めて学習する分野でも一人で学習を進めることができる特長を生かし、小・中・高校、学習塾をはじめ、放課後等デイサービス等においても活用が広がっている。

「すらら」漢字コンテンツの内容

今回、9月20日に「すらら」IDを持つ生徒向けに、小学校4年生から中学3年生までに学習する漢字を学ぶことができる「漢字コンテンツ」の提供を開始した。

「漢字コンテンツ」は小学校高学年~中学校で学習する漢字について、正しく読み、書く力を自学自習できる「すらら」学習コンテンツ。

日常学習に加え、高校入試対策、漢字検定対策として取り組むことができる。

自動正誤判定機能を持つ小・中学生向け漢字教材は珍しく、自立学習で漢字を正しく習得できる画期的なコンテンツである。

漢字コンテンツは、レベル1(小学校4年生、漢検7級相当)からレベル5(中学校卒業程度、漢検3級相当)の5つのレベルがあり、それぞれ「読み」の問題、「書き」の問題、「総合問題」で構成されている。

「読み」の問題では、手書きまたはタイピング入力で、漢字の読み方を学習。

「書き」の問題では、タブレット端末とタッチペンを使うことにより手書きで解答することができ、とめ・はね・はらいや、書き順、画数をチェックして正誤判定する。

学習者が手書きで解答した漢字の正誤を精緻に判定し、フィードバックすることで正しい字形を自学自習で身につけることができる。

小・中学生にとって自筆した漢字の正誤を自分で答え合わせすることは難しく、正誤判定を利用することにより、日ごろから正しい漢字を書く習慣形成に役立つ。

「総合問題」では、部首、類義語・対義語、熟語の構成、四字熟語といった、漢字検定で出題される形式の問題に取り組むことにより、応用力を身につけることができる。

日々の学習の中で正しい「読み」「書き」を身につけると同時に、さまざまな形式の問題に取り組むことで、高校入試や漢字検定でも力を発揮できる総合的な漢字力をはぐくむ。

すららネットは今後も、コンテンツの拡充や新サービスの拡大を図り、多様化する教育業界をサポートするとともに、学習者に新しい学習体験を届け、「大人になっても役に立つ真の学力」と「努力をすれば結果が出るという自信」を提供していく。

※「漢字コンテンツ」の学習には「すらら」IDが必要。「すらら」ID取得方法、推奨環境等詳細については、「すらら」WEBサイトへ要問合せ。

※「書き」問題は画面に実際に漢字を書きこんで解答するため、タブレット端末+タッチペンの利用を推奨。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。