日本・ベトナム・インドネシアの小中学生を対象とした「アジアプログラミングコンテスト2019」受賞者が決定

小・中学生向けの英語&プログラミングスクール「D-SCHOOL」を運営する、エデュケーショナル・デザイン株式会社(本社:静岡県静岡市、代表:脇田 真太郎)は、日本・ベトナム・インドネシアの小・中学生を対象とした「アジアプログラミングコンテスト2019」を今夏開催し、受賞作品の発表とともに、受賞者を招いてアワードセレモニーが行われた。

「アジアプログラミングコンテスト2019」当日の様子

コンテストメインビジュアル

同コンテストは、子どもたちが楽しくプログラミングに取り組みながら、学びをアウトプットする場を提供することを目的として例年開催してきたが、今年は提携校のあるベトナム・インドネシアと、オンラインコースにも参加対象を拡大し、アジア規模での小・中学生プログラミングコンテストとなった。

協賛企業である日本航空株式会社とともに設定した今回の応募テーマは「旅行」。

夏休み期間を通して、応募総数236の作品が集まった。

同じく協賛企業である富士通クライアントコンピューティング株式会社とTIS株式会社、一般社団法人ウェブ解析士協会、D-SCHOOLが審査にあたり、いずれの作品も甲乙つけ難く、非常にレベルの高いコンテストとなったようだ。

厳正な審査の結果、各国の頂点には、プログラミングを始めてまだ1年足らずという受賞作品や、実在する観光地を非常に再現度の高い空間に仕上げた作品、実際に販売されていてもおかしくないビジュアルデザインに優れたゲーム作品など、バラエティに富んだ作品が並び、子どもたちの成長力と可能性を大いに感じる結果となった。

9月14日(土)には、セレモニーアワードを日本航空株式会社(JAL)WING HALLで行われた。

海外からは各国の優勝者とその家族、日本からは、文部科学省、経済産業省、スポンサー企業関係者が参列するとともに、ベトナムとインドネシアの提携校ともWEB中継で会場を繋ぎ、受賞者を祝福した。

受賞作品の完成度の高いビジュアルや、膨大なコードが並んだ様子がスライドに映し出されると、会場からは驚きの声が上がった。

また、セレモニー終了後には交流会を開き、受賞作品を実際にプレイできるコーナーでは、来場者が受賞作品のゲームを楽しんだ。

なおコンテストサイトでは、全ての受賞作品の紹介映像を見ることができる。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。