LAPRASとプログラミングスクール7社、人事向けの「採用に必要なエンジニアリング知識」を教える無料講座を開講

LAPRAS株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:島田 寛基)は、2019年9月19日にプログラミングスクール7社と共同で、人事担当者向けに「採用に必要なエンジニアリング知識」を教える人事向けエンジニアリング学習講座を開講することを発表した。

10月9日に実施する第1回の講座を皮切りに、2019年中に全7回の無料講座をLAPRASとプログラミングスクールが共同で開催する予定。

人事向けエンジニアリング学習講座開講の背景

現在、パーソルキャリア株式会社 転職求人倍率レポート(2019年7月)によると、ITエンジニアの求人倍率は9.73倍と極端な売り手市場となっており、ITエンジニアの採用は多くの企業にとって事業成長に関わる大きな経営課題となっている。

エンジニア採用の大きな課題として挙げられるのが、人事担当者のエンジニアリング知識の欠如である。

エンジニアの業務内容や能力についての理解が足りないことで、候補者とコミュニケーションが円滑に取れなかったり自社にマッチする候補者を見極めることができないという弊害が起きている。

日本初のAIヘッドハンティングサービス「LAPRAS SCOUT」を運営するLAPRASでは、企業の人事担当者を対象にサービス提供する中で、エンジニアリング知識の欠如という問題を重く捉え、それを解決することで人事担当者のスキルアップ、またエンジニア採用業務に対してのハードルを下げたいという想いを持っていた。

今回、同様の課題を感じているプログラミングスクール7社とともに人事向けエンジニアリング学習講座を開講することになった。

「人事向けエンジニアリング学習講座」概要

人事向けエンジニアリング学習講座では、開発に必要なプログラミングの知識ではなく、エンジニア採用に必要な知識に焦点を当てて学ぶことができる。

従来のプログラミングスクールのカリキュラムは、開発者向けの内容が多く、開発環境の設定をはじめとしたエンジニア採用を担当する人事担当者には必要とされないコンテンツが含まれていた。

そのため、人事向けエンジニアリング学習講座ではエンジニア採用に必要な知識を効率的に得られるように、各プログラミングスクールと協力して専用の講座を作成し、短時間で実務に必要な情報をインプットする。

「エンジニアの候補者と円滑にコミュニケーションがとれるようになること」「自社に必要なエンジニアを定義すること」「数多くの候補者の中から自社にマッチしたエンジニアを見極められること」ができる人事担当者の育成を目標に設定している。

スクール開講のねらい

LAPRAS、プログラミングスクールともに、人事担当者がエンジニア採用に必要な知識を身につけることで、自社にマッチしたエンジニアを見極め、また、エンジニア採用に能動的に取り組めるようになることをねらいとしている。

エンジニア採用のサービスを提供するLAPRASは、より多くの職種がエンジニア採用に関われるようにすることで社内の採用リソース問題の解消を目指し、プログラミングスクールは、エンジニア転職を目的としたプログラミング教育だけではなく他職種におけるエンジニアリング知識習得の必要性を啓蒙することを目指している。

共同開催するプログラミングスクール

人事向けエンジニアリング学習講座を共同開講するプログラミングスクールは下記のとおり。

エンジニアの業務の全体像や開発フローといったエンジニアとコミュニケーションをとるために必要な知識から、フロントエンド、バックエンド、機械学習など個別領域の採用に必要な知識についても学んでいく。

※開催日順

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。