プログラミング教室運営のハック、総務省「地域ICTクラブ普及推進事業」の地域実証事業者として『東大阪モノづくりICTクラブ』の活動を開始

子ども向けプログラミング教室を運営する株式会社ハック(本社:兵庫県神戸市、代表取締役:森田 康太郎)は、「東大阪モノづくりICTクラブ協議会」の構成団体として、総務省の「地域ICTクラブ普及推進事業」において、9月14日より、『東大阪モノづくりICTクラブ』の活動を開始することを発表した。

『東大阪モノづくりICTクラブ』について

モノづくりのまち東大阪の製造業に関わる事業者や施設と、ATC(アジア太平洋トレードセンター)に集積するICT関連およびロボット開発事業者が連携し、モノづくり教育とICT教育(プログラミング教育)を一緒に学べる地域コミュニティの場を設ける。

モノづくり業界やICT・ロボット業界のプロが講師となり、実践的なプログラムを提供する。

また、次世代の業界人材の育成を目的とし、業界や地域全体としての取り組みへと成長させていく。

※プログラミングは、IoT開発ボード「obniz」を使用。

地域ICTクラブ普及推進事業とは

「地域ICTクラブ普及推進事業」は、2020年度からスタートするプログラミング教育を踏まえ、地域で自立的・継続的・発展的に児童生徒等(保護者、社会人、障害児者、高齢者を含む)がプログラミング等のICTを楽しく学び合い、新しい時代の絆を創るための仕組み(地域ICTクラブ)の構築に向けて、当該クラブが活動していく上で必要なメンター、教材、端末・通信環境、会場を継続的に提供できるように、地域住民だけでなく、産官学、NPOや金融機関等の関係機関による支援体制を検証するための実証事業。

キッズプログラミングスクール8×9(ハック)について

「8×9」は神戸市を起点に全国に展開している、小中学生向けプログラミングスクールで、現役プログラマを中心とした講師陣による丁寧な指導が特徴。

スクール校長の寺園 聖文氏も現役のプログラマで、大人から子供まで対象のプログラミング教育関連の書籍も多数執筆している。

教室では子供に大人気のMinecraft(R)(マインクラフト(R))の世界でプログラミングを駆使した活動ができる、独自開発のMinecraft用Modの「8x9Craft(ハッククラフト)(R)」をはじめとした話題の教材を活用し、コンピュータを活用した“ものづくり”を楽しみながら学ぶ。

特に小学校高学年以上を対象にしたテキストコーディングによる、アプリ制作やものづくりのカリキュラムが充実している。

8×9は神戸市による新規事業支援「KOBEドリームキャッチプロジェクト」の認定ビジネスプランに採択をされるなど、関西で注目を集め、六甲道教室を本校に西宮北口教室、姫路教室、大阪ATC教室、烏丸教室、市ヶ谷教室の他に小中学校や高等学校にも出張授業を展開している。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録