KIYOラーニングのスマホで学べるオンライン資格講座「STUDYing」有料受講者累計5万人を突破

KIYOラーニング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:綾部 貴淑)は、同社が提供するスマホで学べるオンライン資格講座「STUDYing(スタディング)」の有料受講者累計が5万人を突破したことを発表した。

「スタディング」の有料受講者数は、2019年9月に5万人を超えた(1年で約1.5倍に増加)。

キャリアアップや転職、副業などに役立つ資格取得に向け、スキマ時間で場所を問わずリーズナブルに学べることから、多くの人に受講されている。

2008年10月に中小企業診断士講座からスタートした「スタディング」は、短期間で合格した人々の勉強法を徹底的に研究し、開発した学習ツール。

年々ラインナップを拡大し、現在は中小企業診断士、司法書士、税理士、社会保険労務士、公務員講座など全25講座をラインナップしている。

従来の資格取得のための勉強は、資格スクールや通信講座、テキストを購入して勉強するのが一般的だった。

しかし「時間が取れない」「わかりにくい」といった悩みを抱えている人も多く存在する。

いつでも学習でき、わかりやすい動画で受講できるオンライン講座は、これら悩みの解決に直結することから、オンライン講座を活用した勉強法へのシフトが起こっていると考えられる。

「スタディング」では、”わかりやすい動画講座“や、”レベルに合わせた演習問題“など、資格や試験に合わせて合格に必要な教材がすべてパッケージ化されている。

また今年の5月にはAIで得点上昇効果を予測し、受講者ごとにアドバイスをする「AIマスター」もリリース。

▶オンライン資格講座「STUDYing」運営のKIYOラーニング、スマホで実力診断が簡単にできる「診断テスト機能」リリース

受講生の多くが短期間で合格していることも「スタディング」が選ばれている理由である。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

WRITERこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。