早稲田大学、MATLABとSimulinkのキャンパスライセンスを導入

MathWorksは、早稲田大学がMATLAB/SimulinkをはじめとするMathWorks製品のCampus-Wide Licenseを導入したことを発表した。

これにより、早稲田大学のすべての学生、研究員および教職員が、授業や研究といったキャンパス内での活動に加え、個人PCやモバイル機器においても、MATLAB/Simulink等のMathWorks製品の利用が可能になる。

MathWorksは、今後は1、2年生向けの基礎科目授業の開発や、研究推進などを支援する予定。

早稲田大学のMathWorks製品のCampus-Wide License導入内容

Campus-Wide Licenseを導入することにより、大学院、学部、研究センターのすべてでMATLAB/SimulinkプロダクトファミリのほぼすべてのMathWorks製品に無制限でアクセスできるようになり、学際的なコラボレーションとイノベーションを促進する。

さらに、MATLAB Academic Online Training Suite(MAOTS)は、MathWorksが提供するオンライントレーニングコースが利用できるようになり、各自が必要なプログラミング・スキルを向上することが可能。

世界トップレベルの大学で標準的となっている研究・教育環境を整えることで、学生はより多くの実践経験を持つことができ、卒業後のキャリア形成への手助けとなる。

近年は理工学系だけでなく、文系分野においても数学的センスやプログラミングの知識が必要とされており、今回のCampus-Wide License導入により、従来の理系の分野に限らず、経済学や政治学、心理学、スポーツ科学などの文系分野でも授業や研究にMathWorks製品が活用されることが期待されている。

また、付属校である高等学院と本庄高等学院も中高生向けMATLAB包括ライセンス(MATLAB Primary and Secondary School Suite)が導入されており、今後数学の授業やスーパーサイエンスクラブなどでの利用が予定されている。

付属校での導入は日本では初めての事例であり、数学・理工系での探究的教育の推進が期待される。

早稲田大学の研究推進、情報化推進担当 副総長 笠原博徳氏コメント

MathWorks社の Campus-Wide Licenseに基づき、MATLAB Academic Online Training Suiteを含め、MATLAB/Simulink等97製品を、早稲田大学全教職員・学生が研究・教育に活用できますことは、本学が目指す “世界に輝く早稲田” 実現に向けた、高度即戦力人材の育成・高付加価値製品開発も視野にいれた産官学連携等の強化において、重要な推進力になると考えております。

世界の産業界でも広く用いられているMathWorks社製品を、研究・教育で広く利用できますことは、本学が進めております早稲田オープン・イノベーション・バレー構想の実現にも有益で、MathWorks社の強力なネットワークを介した産学連携・インキューベーション分野でのワールドワイドな協力も期待致しております。

MathWorks Japanの社長 梨沢利隆氏コメント

早稲田大学は、世界クラスの学習環境を学生に提供する取り組みで知られています。 MathWorksのCampus-Wide Licenseの導入により、学生と教職員は研究により多くの時間を費やし、プログラミングの学習時間を短縮できます。

大学では、数学や科学を経済学や心理学に取り込むような、学際的なアイデアの形成や革新を支援する共通のプラットフォームをもつことになります。また、 重要なこととして、世界のさまざまな業界における企業やスタートアップ企業で使用されているMATLAB/Simulinkを、学生はいつでも利用し学習できるようになります。

MATLAB/Simulinkプロダクトファミリは、世界各国の教育機関において基本的な数値計算ツールとして利用されている。

6,500 校以上の大学で導入されて、工学と科学の分野の効率的な学習、指導、研究の実施に役立てられている。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録