キッズプログラミング学習システム『まなるご』提供のイー・トラックス、小学校向けプログラミング講座を無償提供

教室向けにキッズプログラミング学習システム『まなるご』を提供する株式会社イー・トラックス(本社:京都市中京区,代表取締役:早崎伊知郎)は、「デジタルアート×プログラミング講座」を、2019年9月下旬開始予定で小学校向けに無償提供することを発表した。

提供するのは、全国の『まなるご』教室で提供している「デジタルアート×プログラミング講座」の簡易版。

実際の全国『まなるご』教室で利用されている教材を、小学校でのプログラミング教育授業の際に活用してもらえるよう、集合教育向けに作り直したもので、必要なノウハウとツールを、申し出のあった学校に、2019年9月から2020年3月まで無償で提供する。

「デジタルアート×プログラミング講座」提供の目的

イー・トラックスは、2020年度から開始される小学校でのプログラミング教育の必修化に伴い、パソコンやプログラミングに詳しい教員が少ない教育現場でも、一定水準のプログラミング教育が実施しやすい環境を整える一助になればと考えている。

プログラミングの必修化が決まり、学校の先生から”プログラミングの教育授業を開始する必要があるが、どのように指導すれば良いかわからない”、”そもそもプログラミングの事がわからない”というような問い合わせがあり、忙しい学校の先生の要望に応えられるものはないかと、簡単に学校で導入ができる講座を提供することになった。

なお、「デジタルアート×プログラミング講座」の開発は、株式会社ワコム(本社:埼玉県加須市,代表取締役社長兼CEO:井出 信孝)との共同企画である。

「デジタルアート×プログラミング講座」概要

講座構成

今回無償提供を行う「デジタルアート×プログラミング講座」は、

  1. ドロー(お絵かき)ソフトでオリジナルのキャラクターを作る(アート)
  2. オリジナルのキャラクターを使って、プログラミングする(プログラミング)

という構成になっている。

プログラミングにはMIT(マサチューセッツ工科大学)のメディアラボが、教育向けに無償提供しているビジュアル型プログラミング言語のScratch(スクラッチ)を使用。

この授業を行うにあたっての、シナリオやレジュメや必要なファイルなどを提供する。

それに加えて、講師用のいわゆる指導要領にあたるレジュメや、ポイントを解説した講師用の解説動画をあわせて提供するので、プログラミングの特別な知識がなくても授業を行うことが可能。

無償提供の内容一覧

  • 講座シナリオ(PDFファイル)
  • 講座レジュメ(PDFファイル)
  • 必要なファイル類(Scratch)
  • ドローソフト(マナブラ)
  • 講師用解説動画
  • 講師用レジュメ(PDFファイル)

※学校側で用意が必要なもの

  • パソコン
  • インターネット環境
  • ペンタブレット

提供対象と使用条件

  • 公立私立の小学校
  • 学校内での生徒を対象としたプログラミング教育活動に限定
  • 受講料を目的とした営利目的等での利用は不可
  • その他、講座貸与規定に了承できること

申込み方法

9月下旬より、申し込み受付をWebサイト上で行う。

また、本件について、学校の先生を対象とした、ハンズオンセミナーを開催する予定。

まずは、イー・トラックスの本社所在地、京都で年内に実施し、その後、東京や名古屋など主要都市を中心に開催を予定している。

セミナーに関しては、決まり次第、「まなるご」の公式サイトなどで、随時情報発信する予定。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録