CREFUSマーケティング、名古屋市のロボット・プログラミング教育モデル事業を受託

株式会社ロボット科学教育(横浜市青葉区、代表:鴨志田 英樹)と、中央出版株式会社(名古屋市名東区、代表:前田 哲次)の合弁企業であるCREFUSマーケティング株式会社(東京都世田谷区、代表:鴨志田 英樹)は、この秋より名古屋市内の小学校において、ロボット・プログラミングの授業を実施することを発表した。

今回のモデル事業では、ロボット教材としてレゴ(R)エデュケーションWe Do2.0を導入し、株式会社ロボット科学教育が開発したテキストを使用する。

このテキストは、今回のモデル事業に合わせてオリジナルで開発されたものであり、理科や社会、算数など他教科での学習単元とも関連性を持たせながら、児童が「ものづくり」を通してプログラミング思考を養うことができる内容となっており、2020年度に迫る小学校におけるプログラミング教育必修化のモデルケースとして、公教育の現場における最適なプログラミング学習の在り方の一例を提案することを目的としている。

CREFUSマーケティングは、子ども向けロボット・プログラミング教育のパイオニアとして、2003年より17年もの間、幼稚園から高校生といった幅広い学齢の児童にロボット・プログラミング教育を提供してきた中で培った、経験とノウハウを基に、公教育におけるプログラミング教育の導入を全面的にサポートする。

▶子供にプログラミング教育やSTEM教育を提供する仕事に転職!どんな求人がある?必要な経験やスキルは?

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録