ロボットスタート、100種類以上のロボット・スマートスピーカー等の製品情報サイト「ロボットデータベース」をリニューアル公開

ロボットスタート株式会社(本社:東京都目黒区、社長:中橋義博、以下ロボットスタート)は、ロボットやスマートスピーカー製品の情報満載の「ロボットデータベース」をリニューアルし、一般に公開したことを発表した。

「ロボットデータベース」は、ロボットとAIの最新情報を提供するウェブマガジン「ロボスタ」内のコンテンツのひとつで、無料で利用することができる。

2019年8月26日時点で、104種類の製品が登録されている。

「ロボットデータベース」とは

登録されている製品は、コミュニケーションロボット、スマートスピーカー、教育ロボット、ホビーロボット、協働ロボット、配送ロボット、パーソナルモビリティ、遠隔操作ロボット、清掃ロボット等。

各製品については、概要、販売開始日、価格、サイズ、開発環境、内蔵バッテリーの有無などの情報が確認できるほか、ロボスタで掲載されている記事や写真、YouTube動画などを手軽に閲覧することができる。

また、公式ホームページやECショップなどへのリンク欄も設け、製品自体の購入促進へと繋げる。

データベースに登録されている製品は、今後も順次増える予定。

ロボットデータベースに掲載されている製品 (五十音順 : シリーズを反映)

ロボット

aibo、Amazon Robotics Kiva、Amazon Scout、Atom、Big Clapper、BOCCO、Buddy、CAIBA、CanguRo、CarriRo Delivery、CLINABO、CUE3、COBOTTA、CommU、COZMO、de Vinci、Dobot Magician、DRU、duAro、Eagle Prime、EMIEW3、ERICA、Gatebox、Hamic Bear、Hello! Zoomer、HSR、JIBO、Kana robot、KIROBO mini、KOOV、Kuratas、laundroid、Lego Mindstorms、Loomo、LOVOT、Musio、NAO、Nemoph、Neo、OriHime、PALRO、PaPeRo i、Pepper、Qoobo、Robby2、Robi、Robi2、RoBoHoN、Reborg-X、REBORG-Z、ROBOMASTER S1、RoboPin、RS26、Sanbot Nano、SECOM ROBOT X2、SECOM ROBOT X3、Sota、SQ-2、Starship、Spot mini、Tapia、TELLBO、T-HR3、UNI-CUB、Unibo、UR10、Vector、Whiz、Xperia Hello!、Zenbo、ZUKKU、Spark、ATOUN MODEL Y、エボルタNEOくん、高坂ここな、1/8タチコマ、パロ、プリメイドAI、桃色花子

スマートスピーカー

Amazon Echo、Echo Dot、Echo Plus、Echo Spot、Echo Show、Echo Show 5、Echo Input、Echo Link、Clova WAVE、Clova Friends、Clova Friends mini、Clova Desk、Google Home、Google Home mini、Google Home Max、ONKYO Smart Speaker G3、ONKYO Smart Speaker P3、VC-FLX1、LF-S50G、SRS-XB402M/402G、Lenovo smart display、Lenovo Smart Tab P10/M10 with Amazon Alexa、Sonos One、Home Pod

今後掲載予定のロボット

Alpha、EffiBOT、embot、Hako bot、KIROBO、Marble、Sopot、Swingbot2000、toio、ZEONIC TECHNICS、アイオロス・ロボット、アンドロイドル「U」、オルタ3、村田製作所チアリーディング部、漱石アンドロイド、京東UGV など