武蔵野大学とTechBowl、データサイエンス分野の人材育成を目的に包括連携協定を締結

2019年8月、武蔵野大学(本部:東京都江東区、学長:西本照真)と株式会社TechBowl(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小澤政生)は包括連携協定を締結したことを発表した。

この協定は、それぞれが有する人的・物資的資源を活用して社会に貢献するため、相互に連携協力し、データサイエンス分野の人材育成を目的として締結したもの。

この協定では、データサイエンス学部で行われる「未来創造プロジェクト」や各授業において、株式会社TechBowlのプロエンジニア養成所「TechTrain」のメンターによる技術アドバイスやフィードバックを通じて、実践的な人材育成を推進していく。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録