ライフイズテック、米国向け事業を開始。「テクノロジア魔法学校」の北米版「Codeillusion(コードイリュージョン)」を発表

ライフイズテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:水野 雄介)は、ウォルト・ディズニー・カンパニーとライセンス契約し、ディズニーの世界を楽しみながらプログラミングやクリエイティビティをオンラインで学ぶことのできるプログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」の北米版「Codeillusion(コードイリュージョン)」を開発、2019年8月23日からアメリカ・アナハイムで開催されているディズニー公式ファンイベントD23にて発表した。

また同日より全米で販売およびサービスを開始したことを発表した。

また、ライフイズテックでは米国市場向けの事業展開にともない、アメリカ子会社としてLife is Tech USAを設立し、執行役員兼グローバル事業部長である宮川聡氏がCEOに着任する。

米国向け事業開始の背景

オンライン型プログラミング学習教材 テクノロジア魔法学校は、『プログラミングは現代の魔法である』をテーマとして、ディズニーの世界観を楽しみながらプログラミングやクリエイティビティをオンラインで学ぶことのできる次世代型のプログラミング学習教材として、2018年4月に日本市場に向けてリリース。

体験者人数は35,000人を超え、これまでにないプログラミング学習教材として、サービスリリース後より多くのユーザーや数々のメディアでヒット商品に選ばれるなど各方面から注目を集めている。

なお、本商品は、ライフイズテックが開発したオンライン学習システム「MOZER」をベースに制作。

「MOZER」は、誰でも、いつでも、どこでも、夢中になってプログラミングを学ぶ事ができるオンライン学習サービスで、中学・高校のプログラミングの授業や企業のプログラミング入門向けの研修として導入されている。

D23 Expo「Codeillusion」発表時の様子

ライフイズテックは、今後も教育×エンターテインメントに挑戦し、「テクノロジア魔法学校」のアメリカ展開を足がかりに、オンライン学習システム「MOZER」のアジアをはじめとする各地域での展開や、日本だけでなく世界の子どもたちの一人ひとりの可能性を最大限伸ばす教育サービスの世界展開により一層注力していく。



EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録