YOLO JAPAN、最短1か月の準備期間で始められる英会話教室『シェアリング英会話』の無料体験レッスンキャンペーンを実施

今年10月から予定されている幼児教育および保育の無償化により、幼児向け教育市場に注目が集まるなかで、株式会社YOLO JAPAN(代表取締役:加地太祐、東京本社:東京都港区、以下「YOLO JAPAN」)は、空いている教室や時間を活用して手軽に始められる英会話レッスン『シェアリング英会話』の期間限定キャンペーンを実施することを発表した。

YOLO JAPANの『シェアリング英会話』は、外国人講師の派遣やスケジュール管理からレッスンのカリキュラム作成まで英会話スクールを運営するために必要な人材やノウハウを一括して提供するサービスで、施設側は空いている教室や時間を活用して最短一か月の準備期間で英会話レッスンを開講することが可能。

今回のキャンペーンは、幼稚園や保育園などの教室を備えた施設のなかから、先着20施設を対象に外国人講師による英会話プログラム(1歳以上から受入可能)の無料体験レッスンを提供する。

なお、YOLO JAPANは、『シェアリング英会話』サービスの提供を開始以来、15年間で累計1,000名以上の講師を派遣し、現在、関東および関西地域で70教室を展開している。

『シェアリング英会話』の特徴

今ある幼稚園や保育園の教室ですぐにレッスンが開始できる

空いているスペースや教室の空き時間があれば最短1ヶ月の準備期間でレッスンの開始が可能。

授業やスケジュールはすべておまかせ

レッスンカリキュラムや外国人講師の派遣およびスケジュール管理はすべて代行。

開業資金なしでスタートできる

開業資金はかからず、経験豊富な外国人講師がYOLO JAPANの教材を用いてレッスンを行う。

教材費は必要なし

シェアリング英会話の生徒は、専用アカウントを発行するので、カリキュラム、ワークシート、 レッスンソングは全て無料でダウンロードが可能。

園や教室の付加価値をアシスト

今ある運営施設のサービスにプラスして『英会話レッスン」を追加することで、ブランディング力がさらに増し、新規生徒獲得に貢献する。

「シェアリング英会話」無料体験キャンペーンについて

以下のキャンペーン期間中、先着20施設限定で、外国人講師やその他英会話スクールを運営するために必要な人材やノウハウを提供する『シェアリング英会話』の無料体験レッスンを提供する。

期間

2019年8月21日(水)~2019年9月30日(月)

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

WRITERこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。