アーテックのロボットプログラミング教材「ArtecRobo2.0」がJavaScriptに対応、ロボット制御がより簡単に

幼稚園・保育園及び小学校・中学校・高校教材の総合メーカー、株式会社アーテック(本社所在地:大阪府八尾市、代表取締役社長:藤原 悦)は、ロボットプログラミング教材『ArtecRobo2.0』(アーテックロボ2.0)の新しいプログラム開発環境として、株式会社CambrianRobotics(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役:佐藤雄紀)が提供するIoTプラットフォーム『obniz』(オブナイズ)に対応することを発表した。

今後、2019年12月のリリースを目指して開発を進めていく。

『ArtecRobo2.0』のobniz対応の背景と内容

『obniz』(オブナイズ)は、Webブラウザ上で動作可能なプログラム開発環境を用いてJavaScriptで作成したプログラムを実行できるIoTプラットフォーム。

今回の対応により、アーテックロボをインターネット経由で制御することが可能になるほか、作成したプログラムをクラウド上に保存し、スマートフォンやタブレット端末で実行できる。

文部科学省が2017年3月に公示した新学習指導要領で、2020年度からプログラミング教育必修化の項目が盛り込まれたことにより、教育課程における早い段階でのプログラミング教育への関心が高まり、また2022年度から高等学校でのプログラミングを含む「情報Ⅰ」の共通必修科目化、「情報Ⅱ」の新設などを受け、中等教育におけるプログラミング教育への注目度も今後より一層高まることが予想される。

アーテックでは、CambrianRobotics社のIoTプラットフォーム『obniz』(オブナイズ)を自社開発教材アーテックロボに採用することで、既に対応しているPythonに加え、新たにJavaScriptでのプログラミング学習環境を提供。

これにより、初等教育段階で広く活用されているScratch(スクラッチ)型のプログラム言語から、実際のアプリケーション開発に使われているテキスト言語への円滑な移行を実現し、プログラミング教育における校種間の連携をより一層促進したいと考えている。

JavaScriptとは

「JavaScript」(ジャバスクリプト)はブラウザ上で動作し、動的なWebサイトの構築やリッチなインターネットアプリケーションの開発に用いられるオブジェクト指向のスクリプト言語。

JavaScriptを含んだWebページを表示すると、ユーザーのクリックやタップに反応してテキストや画像を切り替えたり、複雑な動きをするアニメーションを追加したりするなど動的な表現が可能となる。

obnizとは

様々な機器のIoT化と制御を、インターネット経由で簡単・迅速に行うことができるIoTプラットフォーム。

プログラム言語に依存しないシンプルなソフトウェア開発が可能であることや、インターネット経由で遠隔・複数のハードウェアをコントロールできる点が特長。

クラウド側のみでソフトウェア開発ができるため安価かつスピーディに導入できる。

ArtecRobo2.0とは

ArtecRoboは、縦・横・斜めのすべての方向に接続することができるブロックにより、自由な形状のオリジナルロボットの組み立てが直感的に行えるキット。

ロボットを制御するためのワンボードマイコンやサーボモーター、DCモーターなどのパーツは、それぞれブロックに挿し込んでいくだけで接続することができる。

『ArtecRobo 2.0』は、ボード上に5×5フルカラーLEDマトリクスや、光センサーや温度センサー、加速度センサーなど各種センサーを配置。

MITメディアラボが開発した『Scratch』(スクラッチ)の最新バージョン『Scratch 3.0』をベースとしたビジュアルプログラミングソフトによるプログラミングの他、人工知能の分野で幅広く使用されている言語『Python』(パイソン)によるプログラミングも行える。

また、Bluetooth、Wi-Fiによる無線機能も搭載しており、ロボット間での無線通信や、iPadやAndroidタブレット、Chromebookで作成したプログラムの転送にも対応。

さらにロボットをインターネットに接続し、Webサービスと連携することで、IoTやAIなどの先端の技術まで深く学ぶことができる。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

WRITERこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。