LasTrust、卒業証書・学生証などをデジタル化するブロックチェーン証明書プラットフォーム「CloudCerts」の提供を開始

LasTrust株式会社(東京都港区神谷町城山トラストタワー4階、以下LasTrust)は2019年8月9日より、ブロックチェーン証明書プラットフォーム「CloudCerts(クラウドサーツ)」の提供を開始したことを発表した。

紙の証明書を暗号化し、ブロックチェーンに記録することで改変できないデジタル証明書を即時発行でき、証明書の信頼性を高めるだけでなく、スマホ管理・表示も可能。

卒業証明書、学位証明書、資格、学生証、学割証など、あらゆる証明書をデジタル化することで、紙の証明書の取り寄せや再発行にかかっていた手間とコストを削減する。

「CloudCerts」サービス開始の背景

現在の各種証明書は紙で発行されるため、就職・転職活動等でそれを受け取った企業側は、それが本物か偽造されていないかを判断できず、学校側に確認を取るケースもある。

また、人材が海外に進出した際、現地企業や教育機関から英文の卒業証明書を求められることが多いが、日本から海外へ取り寄せるために膨大な手間と時間を要する。

そのため最近ではデジタル証明書の発行はできないか?と海外からの要望も増加している。

これらの本質的な問題は、「その証明書が正しいことを、証明書の発行元に確認しなければならない」という点であり、これは単にPDF等でデジタル化しても解決する問題ではない。

しかし、ブロックチェーン技術の登場により、これらの「証明」にイノベーションを起こすことが可能。

ブロックチェーン技術の特徴は、ブロックに記録されたトランザクションを改ざんできない点にある。

この基本的な機能を使うことで、「第三者(上記例では教育機関)の承認なしに、その証明書の内容が正しい」ことを検証・立証できる。

デモ映像

当社HPにてブロックチェーンへの内容照会の様子を確認できます

CloudCertsで発行されたブロックチェーン証明書をオープンソースのアプリで表示し、ブロックチェーンへ照会する様子をLasTrust(ラストラスト)のウェブサイトにて公開している。

ブロックチェーン証明書の海外導入事例

今までアナログの証明書によって担保していた「任意の事実」をデジタル化し、ブロックチェーンというオープンなネットワークで電磁的記録として扱えるようになったという点において画期的な仕組みであり、既にマサチューセッツ工科大学、ハーバード大学、バーミンガム大学、バーレーン大学など、世界中の教育機関がブロックチェーン証明書の発行を開始している。

また、「CloudCerts」はブロックチェーン証明書の世界標準規格「Blockcerts」に準拠しており、Openbadges v2.0にも対応。Linked inでの表示も可能。

「CloudCerts」モニター特別料金について

ブロックチェーン社員証

今回のローンチに際し、以下のデジタル化を希望の企業へ向け、モニター特別料金でブロックチェーン証明書のサンプルを発行する。

  • 卒業証明書、学位証明書
  • 各種の資格保持証明書
  • eラーニング履修履歴
  • 社員証
  • 各種契約書

サンプルのため60日間の試用期限があるが、スマホ表示、ブロックチェーンへの照会等、機能は本契約時と同一。

※モニター募集は9月末日で募集を締め切る。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録