鎌倉市教育委員会、タブレット向け授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」を導入

株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区、代表取締役社長:浮川 和宣)の提供するリアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」が、鎌倉市教育委員会(神奈川県鎌倉市)に導入されたことを発表した。

鎌倉市の取り組みと「MetaMoJi ClassRoom」導入内容

鎌倉市教育委員会は、2016年度からLTEモデルのiPadを導入した。

市内の全小学校16校に対して21台ずつ配備し、翌年には授業支援ツールとしてMetaMoJi ClassRoomも導入。

手書きや日本語の大切さなど、これまで鎌倉市が培ってきた教育の良さを残しつつ、授業ではデジタルのメリットも活かされている。

鎌倉市のICT活用を広げるツールとして、パイロット校を中心に実践・研究の取り組みが行われている。

MetaMoJi ClassRoomについて

「MetaMoJi ClassRoom」は、子どもの成長や授業内容にあわせ、シンプルなノート機能から、高度な協働学習まで幅広く柔軟に対応できるリアルタイム授業支援アプリ。

小学生低学年から中高生まで、タブレットを活用したアクティブ・ラーニングを支援する。

▶アクティブラーニングとは?生徒がより能動的に学習するための指導方法

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録