LITALICOと三重県、包括連携協定を締結。発達障害のある子どもの支援の充実、障害者の就労機会の促進へ

「障害のない社会をつくる」というビジョンの下、障害者向け就労支援事業や子どもの可能性を拡げる教育事業を全国展開する株式会社LITALICO(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:長谷川敦弥、証券コード:6187)は、三重県(知事:鈴木英敬)と「発達に課題を有する子どもなどへの支援等に向けた包括連携に関する協定」を2019年8月21日に締結し、三重県にて調印式を行ったことを発表した。

LITALICOが自治体と包括連携協定を締結するのは今回が初めて。

「発達に課題を有する子どもなどへの支援等に向けた包括連携に関する協定」概要

今回の協定の締結により、三重県で発達上の課題を有する子どもや、障害を有する子ども、また、様々な障害を有する人が、安全・安心に生活できるとともに、三重県に生まれ育つすべての人々が、それぞれの個性や能力を伸ばし、生かすことのできる社会の実現を目指す。

具体的には、三重県における発達障害のある子どもの支援の充実や、障害者の就労機会の促進などに向けて、LITALICOのソーシャルスキル&学習教室「LITALICOジュニア」、就労支援サービス「LITALICOワークス」等で培った知見を活かし、連携した取り組みを進める。

現在は三重県内にLITALICOの拠点はないが、発達障害など学ぶことやコミュニケーションに困りごとのある子どもをサポートする「LITALICOジュニア」に関しては、三重県内で初となる事業所の開設を2020年度上期に予定しており、県内の事業所を活用した連携の取り組みも進めていきたいと考えている。

協定の内容

  1. 障害児者等の理解・啓発に関すること
  2. 障害児者等の教育に関すること
  3. 障害児者等の就労に関すること
  4. 障害児者等の支援にかかる研究に関すること
  5. 障害児者等の支援にかかるデータの利活用に関すること
  6. その他、両者が協議し合意した事項
EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

WRITERこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。