学習管理SNS「Studyplus」、高校生80万人に認知拡大が可能な広告メニュー・事例を発信するWebサイトを公開

大学受験生の2人に1人が利用する学習管理SNS「Studyplus」を提供するスタディプラス株式会社(東京都千代田区、代表取締役:廣瀬高志)は、高校生80万人※に認知拡大が可能な「Studyplus」内の広告メニューや広告事例について発信するWebサイトを公開した。

※2019年7月末時点での高校1〜3年生ユーザー数の総和

「Studyplus」広告の概要

特徴

Studyplusの総ユーザー数は450万人超、大学進学希望の高校3年生60万人のうち30万人以上が毎年利用している。

広告配信では、都道府県・性別・職業・学年・達成目標・志望大学、学部・興味分野での詳細なセグメントが可能で、会員登録が必須のアプリだからこそ、正確な情報を元にターゲティングすることが可能。

主な広告メニュー

  • 純広告(静止画・動画):ユーザーの登録情報をターゲティングし、視認性高く広告を出稿。
  • DM型広告:Studyplusのメッセージ機能を利用し、アプリ内のブラウザで外部サイトへの誘導。
  • タイアップPR:アプリ内にて、PR記事を配信。事前にターゲティングを行い、閲覧数を保証し、ターゲットユーザーに特徴訴求や内容理解を促進することが可能。
  • 外部DSP配信:Studyplusのユーザーデータ※をアプリ外部への広告配信に活用。

広告掲載実績

本Webサイトの公開と同時に、教育サービスを提供する株式会社Z会(静岡県三島市、代表取締役藤井考昭)、事務用品メーカーの株式会社リヒトラブ(大阪府大阪市、代表取締役田中経久)の広告事例を公開。

Studyplusへの広告掲載は、塾・予備校、文具メーカー、菓子メーカー、コンタクトレンズ総合メーカーや大学など、300法人以上の実績がある。

Webサイトの公開と同時に、教育サービスを提供する株式会社Z会(静岡県三島市、代表取締役社長 藤井孝昭)、事務用品メーカーの株式会社リヒトラブ(大阪府大阪市、代表取締役社長 田中経久)の広告事例を公開しており、また順次、充実させていく予定。

学習管理SNS「Studyplus」概要

学習記録の可視化や学習仲間とのコミュニケーションなどの機能により、学習の習慣化をサポートする学習管理SNS。

利用者数は累計450万人(2019年7月現在)を超え、大学進学希望者の高校3年生の2人に1人が毎年利用している。

提供開始

2012年3月

価格

無料

受賞実績

  • GooglePlay ベストアプリ受賞(2015/2016 年)
  • Appstore Essentials 選出
  • 日本 e-Learning 大賞 最優秀賞受賞(2016 年)
  • グッドデザイン賞(2018年)
EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。