法政大学、オンライン講座「gacco」で「SDGs(持続可能な開発目標)入門」を10月1日より開講。受講者募集を開始

学校法人法政大学(東京都千代田区、総長 田中優子)と株式会社ドコモgacco(東京都港区、代表取締役社長 嶋本由紀子)は、ドコモgaccoが運営するIT環境があれば誰でも受講できる大規模公開オンライン講座「gacco(R)(ガッコ)」にて、「SDGs(持続可能な開発目標)入門」を2019年10月1日(火)より開講することを発表した。

受講者募集は2019年8月14日(水)15時より開始。

「SDGs(持続可能な開発目標)入門」講座概要

2015年9月の国連サミットにて加盟国の全会一致で「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択された。

これは人類と地球の繁栄のための行動計画として策定されたもので、2016年から2030年までの目標として「持続可能な開発目標(SDGs: Sustainable Development Goals)」が掲げられた。

SDGsは17のゴールおよび169のターゲットから構成されており、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one left behind)持続可能で包摂的な世界の実現を目指すことが記されている。

この講座ではこのSDGsの概要とその達成に向けた取り組み方法の事例を紹介。

内容

人類と地球の繁栄のための行動計画として国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」とその中核をなすSDGsの概要を紹介すると共に、その達成に向けた取り組み方法を学習する。

  • Week1 持続可能な開発とは
  • Week2 2030アジェンダとSDGs
  • Week3 SDGs達成に向けた取り組み方法
  • Week4 SDGs達成に向けた各主体の取り組み

学習期間

4週間程度(週:2,3時間程度)

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録