学研、プログラミング教材「カードでピピっとはじめてのプログラミングカー」の体験会を実施。保護者の満足度100%

株式会社学研ホールディングス(東京・品川 代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社で、文具や知育玩具のメーカーである株式会社学研ステイフル(東京・品川 代表取締役社長:福本高宏)は、2019年8月2日に、今年で開催4年目となる「学研キッズフェス2019」にてはじめてのプログラミングカー講座を実施し、当日の様子を発表した。

「学研キッズフェス2019」の様子

学研グループのCSR活動の一環として、今年で開催4年目となる「学研キッズフェス」は、幼児から小学生の子どもとその保護者を対象に「親子で楽しむ」をテーマとした、学研の持つ商品・サービスを直接伝えるイベント。

学研本社内にブースを設置し、夏休みならではの実践的な「学び」を無料で体験することができる。

本社がある品川区をはじめとする東京近郊から参加者を募集し、今年は抽選で選ばれた200家族500名が来場した。

学研グループでは昨年「日本おもちゃ大賞2018」にて大賞を受賞した、「カードでピピっとはじめてのプログラミングカー」(以下、プログラミングカー)の体験会を実施し、約20組の親子が参加。

一緒に参加した保護者を対象に行ったアンケートでは、参加者全員が「楽しく遊ぶことができた」と回答し、参加者の満足度100%という結果を得た。

また、同日実施していた物販コーナーでは、体験会参加後にプログラミングカーを購入する人も多く、体験から購買の流れへつながるイベントとなった。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。