営業力強化のためのオンライン学習サービス「営業サプリ」に基礎Ⅱコース(提案営業コース)が新登場

株式会社サプリは、学ぶ→実践する→フィードバックを受けるのサイクルを回して、営業スキルの定着化を促し、「わかった」→「できた」→「売れた」を実現する「営業サプリ」で、2019年8月、基礎Ⅱコース(提案営業コース)の提供を開始することを発表した。

「営業サプリ」基礎Ⅱコース提供開始の背景・目的

サプリは、大企業から成長中のベンチャー企業まで様々な営業組織にヒアリングを行った結果、多くの営業組織では、営業パーソンの育成が事業拡大のボトルネックとなっていることを確認。

  • 売れて、活気があって、人が育つ営業部隊にしたいが、採用難で良い人材が採れない(代表取締役社長、従業員数500名〜1,000名)
  • 営業現場のリーダー、マネージャーが人を育てきれない上に、シクミも整っていない…(取締役 営業本部長、従業員数100名〜500名)
  • メンバーの営業ノウハウがバラバラで、育つ育たないはついた先輩次第…(営業マネージャー、従業員数50名〜100名)
  • 配属した後は現場任せになっていて、状況が見えない…(人事部長、従業員数100名〜500名)

入社後の教育が重要になってきている一方、働き方改革の観点などから、従来の教育手法である集合型研修の実施が困難になってきているという現状に対し、オンラインにて受講者自身がいつでもどこでも好きなタイミングで、体系化された営業スキルをひとつひとつ学び、実践することで営業スキルを身につけることを目的に開発されたのが「営業サプリ」である。

「営業サプリ」とは

営業サプリでは、何百人もの“売れる営業”にインタビューする中から収集した“売るための技術”を13カテゴリー・144のスキルとして体系化し、営業スキルの全体像を明らかにした。

「こういう場合にはこうする」という、明日からすぐ実行できる具体的で実践的なスキルを、受講者自身がテキストと動画で学び、演習にて実践し、その演習に対してフィードバックを受けることで営業スキルを体得できる、企業向けオンライン営業研修である。

サービス対象

営業パーソンを抱える企業

提供形態

オンライン研修

利用料金

受講者1名につき60,000円(6ヶ月間有効)

特長

  1. 体系化された営業スキルコンテンツ
  2. スキル習得を促す学習サイクルを支えるオンラインプラットフォーム
  3. Wコーチ体制での個別指導

営業サプリでは単元ごとに、学ぶ→実践→フィードバックのサイクルを回していく。

また、オンライン研修であることで、現場での実業務と並行で学習を進めることができるため、現場と研修を往復しながら繰り返し学習することで、現場で役立つスキルの定着につながる。

「営業サプリ」提案型営業“基礎Ⅱコース”概要

従来の初回訪問をゴールにした基礎Ⅰコース(2018年11月提供開始)に加え、ヒアリングからアフターフォローまでを学ぶことのできる基礎Ⅱコースの提供を2019年8月より開始する。

基礎Ⅱコースでは、登場人物や決裁ルートの把握など、深堀り営業に必要な営業スキルをはじめ、企画提案の作り方やプレゼンテーションの方法を全16単元で学ぶ。

今後は、営業パーソン向けの研修だけでなく、リーダー層へ向けたコーチングコース、マネジメントコースなど、これからも企業の人材教育を支援するサービスを提供予定。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。