オンラインプログラミング塾「侍エンジニア塾」、最大438,000円の受講料が無料になる「特待生コース」を開始

マンツーマンオンラインプログラミング塾「侍エンジニア塾」を運営する株式会社侍(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役 :木内 翔大)は、エンジニアを目指す優秀な人材の学習スタート時のコストを減らし、自身の意欲・努力次第で受講料が無料となる「特待生コース」を8月7日(水)より開始することを発表した。

マンツーマンプログラミング塾「侍エンジニア塾」とは


侍エンジニア塾は、2015年にサービスを開始し、16,000名以上の指導実績を持つ日本初マンツーマン指導のオンラインプログラミング塾。

昨今、日本のIT人材の不足が囁かれており、経済産業省の発表によると、2030年には約80万のIT人材が不足すると言われている。

侍エンジニア塾では、新時代のエンジニアを増やし、日本のIT人材不足を解決することを目指している。

特にプログラミング学習を開始する方々において、「どこから学べばいいかわからない」、「エラーにハマって抜け出せない」など、様々な理由により挫折してしまうケースが多く見受けられる中で日本初のマンツーマン指導のプログラミング学習をスタートし、累計16,000名以上へ指導を行ってきた。

4つのサービス特徴

プログラミング学習の挫折をできるだけ少なくし、多くのエンジニアやIT人材の輩出を目指し、侍エンジニア塾では「より確実に本物のプログラミングスキルを習得できる」ように4つのサービス特徴を持っている。

マンツーマンレッスンの学習効率

専属のマンツーマン講師が配属されるため独学や集団授業に比べて圧倒的な習得スピードで学ぶことができる。また、些細な質問でもマンツーマンなら人の目を気にすること無くできるためしっかり学べる。

完全オーダーメイドカリキュラム

人によって現状スキルにも差があるため、同じカリキュラムでは理解度に差が生じる。侍エンジニア塾では、生徒一人ひとりに合わせてオーダーメイドカリキュラムが組まれるため、無理なく無駄なくプログラミングを学習できる。

オリジナルWebサービス開発

侍エンジニア塾では、未経験でも仕事を獲得するために必要な技術を養うためにオリジナルWebサービス開発がカリキュラムに含まれている。オリジナルWebサービスのポートフォリオ(実績)の存在は技術力を証明でき、仕事獲得に大きな力を発揮する。

専属講師だから何でも質問できる

侍エンジニア塾の特長として、仕事獲得に強い完全オリジナルWebサービス作成がある。 オリジナルサービスの場合、エラーの解消は非常に難易度が高く画一的な内容を教えるスクール講師や独学では対応できないことも多い。

「侍エンジニア塾」特待生コースとは

今回開始する「特待生コース」では、エンジニアを目指す優秀な人材の学習スタート時のコストを極力少なくし、自身の意欲・努力次第で受講料が無料となるコース。

具体的には、契約時にコース料金の10%をデポジットとして前払いし、侍エンジニア塾のマンツーマン指導などの基本サービスを受講。

コース終了後、IT人材やエンジニア不足を課題としている企業へ紹介し、採用された場合、デポジット分の返金も含めてコース料金を全額無料とするもの。

コース料金は一般の3ヶ月コースで最大498,000円が無料となる。

また、侍経由での就職に至らなかった場合でも、コース料金を後払いすることが可能となる。

料金詳細

2ヶ月プラン

  • 一般:292,000円
  • 学生:248,200円

3ヶ月プラン

  • 一般:438,000円
  • 学生:372,300円

受講条件

  1. 年齢が満22歳から28歳の間であること
  2. 大学を卒業していることまたは有効期間内に卒業見込みであること
  3. 侍エンジニア塾の人材紹介サービスにより就職を希望していること
  4. 都内のオフィスにてフルタイム勤務が可能であること
  5. その他規定の条件を満たしていること