芝浦工業大学、「2019年日本留学AWARDS」私立大学理工系部門の大賞を受賞。SGU採択以前と比べ外国人留学生受け入れ数は9倍以上に増加

芝浦工業大学(東京都港区/学長 村上雅人)は、一般財団法人日本語教育振興協会 主催「2019年日本留学AWARDS」で、私立大学理工系部門(東日本)の大賞に選ばれたことを発表した。

この賞は、「日本語学校の教職員が選ぶ留学生に勧めたい進学先アンケート」結果発表として2012年から行われているもの。

芝浦工業大学は、ダイバーシティ推進先進校として日本人学生と外国人学生が相互に学び合い、世界で活躍できる人材育成を目指し、グローバルラーニングコモンズ整備などキャンパス内のグローバル化を進めている。

その結果2018年度の外国人留学生受入数は1,490名と、スーパーグローバル大学創成支援事業(SGU)採択以前(2013年度158名)と比べ9倍以上増加している。

▶SGU(スーパーグローバル大学)とは?グローバル人材育成に特化した大学

「2019年日本留学AWARDS」概要

日本留学AWARDSは全国の日本語学校で学生の進学サポートを行っている教職員が、「学生に勧めたいかどうか」という視点で5票を上限にWeb投票を実施。

その結果から、大学(理系/文科系)と専門学校それぞれ上位校を選出し表彰している。

8月3日(土)国立オリンピック記念青少年総合センターで表彰式が開催され、結果が発表された。

芝浦工業大学は、私立大学理工系部門ノミネート校5校から大賞に選ばれ、初の受賞となった。

式に出席した守田優副学長は、「本学を評価していただいた日本語学校関係者に感謝するとともに、留学生を含め世界で活躍できる学生を引き続き育成して行く」と抱負を語った。

芝浦工業大学は創立100周年を迎える2027年に「アジア工科系大学トップ10」を目標に掲げ、学内のグローバル化をはじめ多様な教育・研究環境整備を進めている。

2027年に外国人学生比率30%という具体的なKPIを設定し、日本人学生と外国人学生が相互に影響し合って活動を行う、真にグローバルな大学を目指している。

投票校

161校

総投票数

466票

私立大学理工系部門ノミネート校(東日本)

  • 芝浦工業大学
  • 東海大学
  • 東京電機大学
  • 東京理科大学
  • 早稲田大学