アルファポリス、1,000冊以上の絵本が無料で読み放題のアプリ『絵本ひろば』をリリース

株式会社アルファポリス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:梶本雄介)は、2019年8月1日(木)より、絵本投稿サイト「絵本ひろば」に掲載された1,000冊以上の絵本が読み放題のスマートフォン向けアプリ『絵本ひろば』の提供を開始したことを発表した。

『絵本ひろば』アプリは、絵本を読むことに特化したビューア型アプリケーション。

絵本投稿サイトの「絵本ひろば」に掲載されている絵本すべてを無料で読むことができ、またお気に入りの絵本を会員登録不要で保存することが可能。

『絵本ひろば』アプリ概要

『絵本ひろば』アプリは、絵本を読むことに特化したビューア型アプリケーション。

絵本投稿サイトの「絵本ひろば」に掲載されている絵本すべてを無料で読むことができ、またお気に入りの絵本を会員登録不要で保存することが可能。

利用料金

無料

対応OS

iOS11.0以降のiPhone、iPad、Android8.0以降

特徴

1,000冊以上の絵本が無料で読み放題

アルファポリスが運営する日本最大級の絵本投稿サイト「絵本ひろば」に掲載されている1,000冊以上の絵本がすべて無料で読み放題。

絵本専用ビューアなので絵本をサクサク快適に読むことができる。

会員登録なしでお気に入り絵本の保存が可能

『絵本ひろば』アプリでは、アプリ独自の機能として一度読んだ絵本が収納される【ほんだな】機能を実装。

【ほんだな】機能は“会員登録なし”で利用することができ、【ほんだな】にあるお気に入りの絵本には“鍵”をかけて保存することができる。

電波の届かない場所でも絵本が読める

『絵本ひろば』アプリは、【ほんだな】に収納されている絵本であれば、電波が届かない場所でも読むことができる。

通信環境やデータの利用制限を気にすることなく、お気に入りの絵本を楽しめる。

絵本投稿サイト『絵本ひろば』について

絵本ひろばは、アルファポリスが2017年12月に運営開始した、誰でもオリジナルの絵本の投稿・閲覧ができる絵本投稿サイト。

現在、すでに1,000冊以上の絵本が掲載されている日本最大級の絵本投稿サイトとなっており、新しい絵本が続々と投稿されている。