ギノ、生徒・学生がプログラミング学習サービスを無料で利用できる「paizaラーニング学校フリーパス」の提供を開始

エムアウトグループで、ITエンジニア向け総合求職・学習サービス『paiza(パイザ)』を運営するギノは、2019年8月1日(木)より、日本国内の小学校から大学、および高等専門学校や専門学校の生徒・学生向けに、『paizaラーニング』全講座を無料で提供する【paizaラーニング学校フリーパス】を開始したことを発表した。

paizaラーニングは環境構築不要・5秒で学習開始できるプログラミング学習サービスで、通常は全講座を受講するために1人あたり月額980円が必要だが、生徒・学生であれば在学中は無料で使うことができる。

『paiza』について

ギノ株式会社では「日本のIT/Webエンジニアを世界レベルに引き上げる」ことをミッションに、IT/Webエンジニアに特化した求職・学習サイト「paiza」を展開している。

「paiza転職」「paiza新卒」は、国内最大級のプログラミング転職サイト。

2019年7月にプログラミングスキルチェック受験数が累計170万受験を突破した。

さらにエンジニア職未経験者向けの転職サイト「EN:TRY」やプログラミング初心者向け学習サイト「paizaラーニング」も運営している。

『paizaラーニング』とは

「paizaラーニング」は国内10万人が利用するプログラミング学習サービス。

プログラミング未経験者や初心者が手軽にプログラミング言語(Java,PHP,Python,Ruby,C#,JavaScriptなど)やWebサービス構築が動画を見ながらブラウザ上でコードを実行しながら学習できるサービスである。

従来、プログラミングの学習を始めるためにはパソコンの環境設定やサーバの用意などさまざまなハードルがあり、それが挫折の要因の1つとなっていたが、「paizaラーニング」ではその問題を解決。

独自の技術を使い、ブラウザでアクセスするだけでプログラミング学習がスタートできるようになっている。

「楽しさファーストの学び」をモットーに、1本3分程度の学習動画を計1,000本以上(2019年7月現在)公開中。

現在も月間25本以上の動画を新規公開している。また、paizaでは、他にもプログラミングを使った多種多様なコンテンツを用意しており、楽しみながらスキルアップすることができる。

『paizaラーニング』学校フリーパス(学校向け無料提供)について

これまでpaizaラーニングでは現役エンジニアや、これからエンジニアを目指す社会人・大学生・専門学生向けに、1本3分程度の学習動画を計1,000本以上(2019年7月現在。月に平均25動画を追加)を提供してきた。

一方で、2020年にはプログラミング教育が必修となるなど、国内でプログラミング教育に対する需要が急速に高まっており、教育現場では以下のような問題が懸念されている。

  • プログラミングを教えられる教員が足りない
  • 教員の数や質による教育格差が発生する
  • 開発環境の構築に時間がかかり、トラブルが頻発する
  • プログラミングは適性の差が大きい分野にもかかわらず、個々のフォローに手が回らない

ギノ株式会社にも、上記のような問題を抱える教育機関からpaizaラーニングを利用したいという問い合わせが増えたという。

そこで、各種学校の生徒・学生に向けてpaizaラーニングを完全無料で提供(※通常、一人あたり月額980円で提供している有料会員向け講座を無料で利用できる)するpaizaラーニング学校フリーパスを開始することとした。

仕組み

図1.学校向けクーポン発行までの流れ

各種学校(教員)から申し込みがあれば、ギノで審査(最短1営業日で完了)し、生徒・学生向けに、paizaラーニングの全講座が無料になるクーポンコードを発行する。

そのクーポンコードをサイト上から入力すると、申し込み日を含む年度(4月~翌年3月)の間はpaizaラーニングの全講座を無料で使える。

また、無料期間中に新たに公開された講座もすべて無料となる。

※翌年度も引き続き利用する場合は、新年度に再度申し込みをすればクーポンを再度無料で発行してもらえる。

図2.(参考)大学4年間でお使いいただく場合の他サービスとの比較

すでに東京工科大学 工学部電気電子工学科では産学連携としてpaizaラーニングを利用しているほか、日本大学をはじめとして複数の教育機関での導入も決定している。

主な講座

プログラミング入門

C言語、C#、Java、JavaScript、PHP、Python3、Ruby、 など

Webアプリ開発入門

Django、Flask、Laravel、Rails、Sinatra など

その他

アルゴリズム入門、Python×AI・機械学習入門、Webデザイン入門、ゲームエンジニア入門、Git入門、情報処理入門(予定)、セキュリティ入門(予定) など

料金

無料

期間

申し込み日を含む年度(4月~翌年3月)。翌年度も再度お申し込みで無料利用できる。

人数制限

なし。基本的にクラス単位でのクーポン発行となる。

対象講座

paizaラーニングに掲載の無料/有料の全講座が利用可能。クーポン使用後に毎月追加されるコンテンツも無料で利用できる。 ※学校フリーパスでは質問機能は利用できない。

対象校

日本国内にある小学校、中学校、高等学校、高等専門学校、専門学校、大学のほか、ギノ株式会社が認めた学校

ギノ代表・片山氏のコメント

paizaラーニングは「意欲のあるすべての人がプログラミング基礎レベルを必ず習得できる環境」を目指して運営してきました。

これまで私自身が仕事で関わったITプロジェクトの中で、エンジニア以外のプロジェクトメンバーのITリテラシーが低いことに起因するトラブルや経済的損失を数多く見てきました。それらを改善するにはプログラミング学習環境をより良いものにすることが必須であると考えています。プログラミング学習のハードルとなる要素を取り除き、プログラミングの楽しさに触れてもらい、楽しみながら学習できる環境づくりが重要と考え、paizaラーニングを提供してきました。

今回はそれをさらに発展させ、学生であれば費用を意識することなく、paizaラーニングにある1,000を超えるさまざまなプログラミング技術を学校でも家庭でも学べる環境を提供し、日本のITレベルの底上げにつなげたいと考えています。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録