レゴランドでプログラミングやロボット作りを体験できる「プログラミング留学™ in LEGOLAND® Japan Resort への旅」発売

JTBグループのSIT(Special Interest Tour/目的型旅行)に特化した株式会社JTBガイアレック(東京都豊島区、代表取締役 社長執行役員:堀江伸也)では、愛知県のレゴランド®・ジャパンで楽しみながらプログラミングやロボット作りを体験できる「プログラミング留学™ in LEGOLAND® Japan Resort への旅」の発売を開始した。

「プログラミング留学™ in LEGOLAND® Japan Resort への旅」概要

2020年度から小学校でのプログラミング教育が必修となり、今後は、IT人材の育成がさらに加速すると予想される。

小学校でのプログラミング教育により問題解決力や論理的思考力を養うことが期待されている。

このコースでは、通常レゴランド®・ジャパンの年間パスポート購入者しか参加できない、レゴランド®・ジャパンのパーク内にあるレゴランド®・ラボでのプログラミング体験に参加できる。

レゴランド®・ラボは「創造力を刺激して、自分のイメージを形にし、発信する場と機会を提供する」をコンセプトとしたワークショッププログラムである。

体験クラスでは、自身で選んだモデルのロボットをレゴ®ブロックで作り、さらにプログラミングでそれを動かすなど、様々な課題に取り組む。

クラスの最後に子どもから保護者へのプレゼンテーション発表もあり、自分の作品について伝える機会も設けられている。

少人数制のクラスでスタッフによるサポートも受けられるため、初めてプログラミングを体験する子どもでも参加できる。

プログラミングについて学ぶだけでなく、誰かに自分の作ったものについて伝える表現力を養うことも目指している。

学校での教育開始に先駆け、子どものプログラミングに対する興味・関心を引き出す目的にも適している。

宿泊はレゴ®・ブロックの世界観を楽しめる直営ホテル「レゴランド®・ジャパン・ホテル」。その他にもレゴランド®・ジャパンとシーライフ名古屋に入場可能なコンボ2DAYパスポートが付く。


EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録