KIYOラーニング運営のスマホで学べるオンライン資格講座「スタディング」、社会保険労務士講座を開講

スマホで学べるオンライン資格講座「スタディング」を提供するKIYOラーニング株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:綾部貴淑)は、社会保険労務士資格講座を完全オンライン化した『スタディング 社会保険労務士講座』を開講したことを発表した。

「スタディング 社会保険労務士講座」概要

マルチデバイス

特徴

動画講義、テキスト、過去問集、答練・模試まで全てスマホで完結

社会保険労務士資格は「働き方改革」を追い風にますますニーズは高まると予想されるが、合格率は6%程度(社会保険労務士試験オフィシャルサイト「第50回社会保険労務士試験の合格者発表」より)と難関資格の一つである。

多くの人が働きながら資格取得を目指しており、2018年合格者では77.2%が有職者。

受験生も働き盛りの30~40歳代が62.3%を占め、忙しい日常のなかで、より効率的な学習手段が求められる資格試験である。

社会保険労務士講座はスタディング受講生からも一番多く要望や問い合わせがあった。

そこで、外出中のスキマ時間でもスマホ一つで受講できる学習手段として『スタディング 社会保険労務士講座』を開発した。

特に、答練・模試については、実際の試験と同様に、択一式と選択式の両方の試験方式について、受験、採点、成績評価の全てを行うことが可能。

50年分の過去問を分析。エビデンスに基づくオリジナルカリキュラムを開発

講座の内容は、社会保険労務士試験を第1回の出題から綿密に分析し、50年分の出題実績というエビデンスに基づいて必要な知識を整理している。

繰り返し出題されている重要知識と過去にあまり出題されていないレア知識を見極め、必要十分にして最小限のカリキュラムを新たに開発。

アニメーションにより複雑な年金制度や社会保険制度の仕組みを分かりやすく

スライドを使ったスタディングの講座は受講生から「分かりやすい」と好評。

社会保険労務士講座では、これまで以上に動きのあるアニメーションを多用し、視覚的に理解しやすい講義となっている。

内容

学習の流れ
教材名 内容 社労士 合格コース 社労士 総合コース
基本講座 講義(ビデオ・音声)計170回* 合計約105時間*
WEBテキスト(暗記ツール付き)基本講座各回に付属。
スマート問題集 基本講座復習用問題集計170回* 合計1700問*
セレクト過去問 計10回 合計100問*
総まとめ講座 講義(ビデオ・音声)
横断整理10回/白書統計10回/法改正10回計30回* 合計約15時間*
直前対策答練 全9回 択一式計84問 選択式計38問 解説講義(ビデオ・音声)付 合計4.5時間*
合格模試 全1回 選択式8問・択一式70問

*講義時間は、内容により異なるが、ビデオ講座は1回につき15~30分前後を予定。上記は2020年8月時点でのコースの詳細となる。講座数や講義時間については、変更される場合がある。

社会保険労務士講座オープン記念キャンペーン概要

期間

2019年8月1日(木)〜9月30日(月)

内容

受講料10,000円OFF!

  • 社労士 総合コース ¥75,000 → ¥65,000(税別)
  • 社労士 合格コース ¥55,000 → ¥45,000(税別)