atama plus、世界のEdTechの最新動向やデータを提供する「atama+ EdTech研究所」設立。EdTech企業カオスマップを公開

atama plus株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:稲田 大輔)は、世界のEdTechの最新動向やデータを提供する「atama+ EdTech研究所」を設立したことを発表した。

「atama+ EdTech研究所」設立の背景と内容

atama plusには、全国の塾・予備校に対しタブレット型AI教材「atama+」の提供を進める中で、テクノロジーを活用した教育の未来などについての問い合わせが増えている。

こうした社会の関心に応えたいとの思いや、日本国内でのEdTech(エドテック)への理解や教育企業・教育機関等での活用が進むことで、日本の教育がさらに発展してほしいとの思いから、今回『atama+ EdTech研究所』を設立した。

EdTechとは、Education(教育)とTechnology(テクノロジー)を組み合わせた造語であり、教育領域においてテクノロジーを活用してイノベーションを起こしていくものとして、世界でも大きな注目を集めている分野である。

「atama+ EdTech研究所」では、特に初等・高等教育領域におけるテクノロジーの活用について焦点をあて、世界のEdTechの最新動向やデータを、海外レポートの分析や現地取材等を通じリアルタイムで発信する。

「EdTech企業カオスマップ2019年版」

今回、世界の「EdTech企業カオスマップ2019年版」を公開した。

世界のEdTech市場は、2020年には11.2兆円まで拡大すると予測されており(出典: 米国MarketsandMarkets社)、今回公開されたカオスマップでは世界のEdTech業界の中で、どのようなプレーヤーがいるかの外観や潮流を掴むことを目的として、K-12・高等教育(日本における幼稚園の年長から大学卒業年次までが対象)の領域における世界の企業35社(出典:CB Insights)をリストアップし、サービス分野毎にマッピングされている。

「atama+ EdTech研究所」では各サービスの詳細も紹介。

リストは、atama plusが調べた範囲内において、以下クライテリアにて選定されている。

  • テクノロジーを活用していること
  • 基礎教科(日本で言うところの “英数国理社” )を中心とした伝統的な学習領域
  • 直近3年の間に10百万ドル以上の資金調達実績がある
EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録