情報共有ツール「Stock」、佐賀県武雄市と佐賀県立武雄高等学校が連携した官民共同事業への正式導入決定

株式会社リンクライブ (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:澤村大輔 以下、リンクライブ)が提供する情報共有ツール「Stock」 は、佐賀県武雄市(市長:小松政 以下、武雄市)と佐賀県立武雄高等学校(校長:牟田久俊 以下、武雄高等学校)による官民共同事業「地域創生参画事業」及び「高校生のまちづくり参画事業」の2事業に正式導入されたことを発表した。

今回の正式導入により、武雄市の職員、及び武雄高等学校の1~2年生の全生徒と教職員、合計500名が、上記事業のプロジェクト管理において「Stock」を全面利用することになる。

「地域創生参画事業」及び「高校生のまちづくり参画事業」の概要

「地域創生参画事業」及び「高校生のまちづくり参画事業」は、武雄市が実施する官民共同事業で、高校生の視点でのまちづくりへの参画を目的とした事業。

武雄市と武雄高等学校との連携は、2017年にスタートして以来今年で3回目となるが(注:2017年より「高校生のまちづくり参画事業」を実施、2019年からは新たに「地域創生参画事業」も並行してスタート)、約500名にも上る関係者がストレスなく情報共有できる仕組みの導入が、本事業を円滑に運営するにあたり非常に重要な課題として浮き彫りになっていた。

このような中、今回武雄市・武雄高等学校が正式導入した情報共有ツールStockは、チームの情報を最も簡単に残せるツール。

Stockは、「ITに詳しくない60代でも何の説明もなく直観的に使える」程シンプルなツールのため、高校生も含めた約500名の関係者全員が、一切のストレスなく円滑に情報共有することが期待でき、今回の正式導入決定に至った。

今後は、上記事業の正式な情報共有ツールとして「Stock」が全面採用される。

リンクライブでは、武雄市・武雄高校の上記事業の進行を今後も継続的にバックアップする。

追記:Stockの教育領域での取り組み

本件や、教育分野でのStock領域について追加で取材を行った。

Stockは現在、積極的な営業・マーケティングを行っているわけではなく口コミを中心に広がっている。今回の件も武雄市側からコンタクトがあり導入に至った。

サービスリリース当初は、教育機関を明確にターゲットと想定していたわけではなかったようだが、サービスとの相性が良く、大学生のゼミ活動や、アクティブラーニングと言われる学生主体で学習をすすめるプロジェクトで良く使われているという。

具体的には、以下のような大学のゼミ活動で利用されている。

LINE等のチャットツールでは情報が流れていってしまい、蓄積されないがStockでは、共有事項を積み上げていきやすい。またStock内でメッセージなどができる点も共同作業にとってプラスに働いている。

ITリテラシーにばらつきがあってもシンプルに活用できるStockは、チームや複数人同時での学習で、相性が非常によいようだ。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録