楽天ブックス、夏休みに向けて「自由研究の関連書籍ランキング」を発表

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)が運営するオンライン書店「楽天ブックス」は、2016年から2019年の売り上げデータをもとに「自由研究の関連書籍ランキング」を発表した。

「楽天ブックス」における絵本・児童書・図鑑ジャンルに含まれる自由研究の関連書籍の売り上げを2016年と2019年で比較したところ、売り上げが約2倍に伸びていた。

また、2016年から2019年の自由研究関連書籍の売り上げ数をもとに、年別の売り上げランキングトップ10を集計したところ、『小学館の図鑑NEO 科学の実験』、『アリのす観察キット』といった自由研究の定番と言える商品が継続的にランクインする中、近年はプログラミング関連書籍が人気を集める傾向がみられた。

「2016年~2019年自由研究の関連書籍ランキング」

プログラミング系の注目書籍

『小学生からはじめるわくわくプログラミング』(阿部 和広 著、日経BP社)

プログラミングの書籍で唯一、4年連続トップ10入りした一冊。

小学校中高学年の8歳から12歳を対象としており、子ども自身が読み進めてゲームを作り上げることができる。

「楽天ブックス」の商品レビューにも「高学年なので、自分で読みながら実践しています!」とコメントされており、子どもにも分かりやすい解説が好評。

『子どもと学ぶScratchプログラミング入門』(竹林 暁、 澤田 千代子 著、インプレス)

2018年、2019年と2年連続で4位にランクイン。

「楽天ブックス」の商品レビューによると「子供向けのプログラミング教室の教材として購入しました。」など、指導する立場の大人も購入していることが分かった。

定番自由研究系のおすすめ書籍

『小学館の図鑑NEO 科学の実験』(ガリレオ工房 監修、小学館)

4年連続3位以上にランクインしており、発売から10年経っても売れ続けている定番の図鑑。

自由研究の力強い味方となる約180の実験を収録しており、学年が上がるにつれて複雑な実験もできるようになっているため、長く使える点が特長。

『アリのす観察キット』(学研教育出版)

過去4年のうち、3年間5位以上にランクインしており、観察系の書籍の中では安定した人気がある。

アリを捕まえてから飼育するまでに必要なグッズや観察結果をまとめるシートなど、アリの巣の観察が簡単に実施できる便利さが評価されている。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録