AI型タブレット教材「Qubena」を開発するCOMPASS、教育ICTイベント「第4回関西教育ICT展」に出展

株式会社COMPASS (本社:東京都品川区、CEO 神野 元基) は、8月1日・2日の2日間にわたり大阪で開催される、教育現場でのICT活用をテーマとした西日本最大級の展示会「第4回関西教育ICT展」に出展することを発表した。

「第4回関西教育ICT展」は今年で第4回を迎える展示会で、近年教育現場で注目されるICT教育に関する多彩な展示やセミナーが行われる。

「第4回関西教育ICT展」出展概要

開催場所

インテックス大阪2号館

開催日時・出展ブース

2019年8月1日(木)・2日(金) 各日10時〜17時・出展ブースNo. 511

参加費

入場無料

ブース展示

  1.  「Qubena」新機能と対応端末拡大、新対応教科の案内
  2. 「Qubena」の実機体験
  3. 「Qubena」導入校の事例紹介

ブース内ミニセミナー「Qubenaで授業をマイナーチェンジ!〜全国の導入校の事例紹介〜」

会場

COMPASSブース内(No.511)

開催日時 ※各日3回開講

  • 2019年8月1日(木) (第1回) 11:30 ~ 11:50 (第2回) 13:00 ~ 13:20 (第3回) 15:10 ~ 15:30
  • 2019年8月2日(金) (第1回) 11:30 ~ 11:50 (第2回) 13:40 ~ 14:00 (第3回) 15:10 ~ 15:30

「AIによる個別最適化学習で授業に何が起こったか」特別セミナー

会場

セミナールームM (M07)

開催日時

2019年8月2日(金) 14:10 ~ 15:00

登壇者

近畿大学附属中学校主任 増田憲昭教諭