大妻嵐山中学校、全国初「ジュニア・プログラミング検定」合格者を入試で優遇へ

株式会社サーティファイ (所在地:東京都中央区/代表取締役 国山 広一)は、主催するジュニア・プログラミング検定の合格者が、大妻嵐山中学校(埼玉県比企郡/校長 真下 峯子)が実施する2020年度入学対象の入学試験(プログラミング入試)において選考判定の優遇措置対象資格となったことを2019年7月22日に発表した。

ジュニア・プログラミング検定はサーティファイ情報処理能力認定委員会が主催するScratchのプログラミング能力を認定する検定試験で、2016年12月の開始以降、のべ約3,000名が受験している。

プログラミング教育に力を入れている大妻嵐山中学校では、2019年度入学対象の入学試験よりプログラミング入試を実施。

同校では、ジュニア・プログラミング検定に合格した児童のチャレンジ精神を評価したいという考えから、2020年度入学対象の入学試験(プログラミング入試)の選考判定において、同検定の合格者に対して優遇措置を行うこととなった。

大妻嵐山中学校以外の中学校でもジュニア・プログラミング検定合格者の入試優遇措置が検討されており、サーティファイでは8月を目途にジュニア・プログラミング検定の合格者を優遇する中学校の一覧を公開する予定で準備を進めている。

「ジュニア・プログラミング検定」概要

受験資格

なし

試験時間と受験料

級種 試験時間 受験料
4級 Entry 30分 2,300円
3級 Bronze 40分 2,500円
2級 Silver 40分 2,700円
1級 Gold 50分 2,900円

問題形式

素材を元に、一つのプログラムを作る(例:おいかけっこゲームなど) ※2019年9月まで

合格基準

得点率60%以上

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。