小学館集英社、3歳~小学3年生の子を持つ保護者対象に教育改革2020に関する意識調査を実施。「思考・判断・表現」への対策を始めているのは約20人に1人

幼児から小学生まで一貫した新しい通信教育『まなびwith(ウィズ)』を展開する株式会社小学館集英社プロダクション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:都築 伸一郎)は、全国の3歳~小学3年生の子を持つ保護者2,400名を対象に、インターネットによる“教育改革2020”に関するアンケート調査を実施した。

“教育改革2020”に関するアンケート調査結果

Q1. 2020年から教育が大きく変わることをご存知ですか。

Q1. 2020年から教育が大きく変わることをご存知ですか。

調査結果では、“教育改革2020”を「内容まで知っている」調査対象者は全体の15.7%、また「聞いたことがある」は68.6%となっており、何らかの形で84.3%の対象者が“教育改革2020”を認知していることがわかった。

Q2 2020年から以下のように教育が大きく変わります。それぞれについて、どの程度ご存じだったかお知らせください。

Q2 2020年から以下のように教育が大きく変わります。それぞれについて、どの程度ご存じだったかお知らせください。

“教育改革2020”の内容に対する認知については、「小・中・高等学校の学習指導要領が改訂される」という基本概念の認知は全体の過半数となり、「小学校でのプログラミング学習の導入検討」が全体の約80%と最も高い一方で、「グループワークや調べ学習など子ども主体の授業の導入検討」は約50%とやや低位に留まる結果になった。

Q3. 2020年から大きく変わる教育内容に対して、何か対策をしていますか。以下のような対策を行っているかどうか、それぞれについてお知らせください。

Q3. 2020年から大きく変わる教育内容に対して、何か対策をしていますか。以下のような対策を行っているかどうか、  それぞれについてお知らせください。※「対策を始めている」+「未対策だが対策はしておきたい」の合算値。

※「対策を始めている」+「未対策だが対策はしておきたい」の合算値。

また、認知レベルの高かった「小学校でのプログラミング学習」に対して対策をしておきたいと回答した対象者は全体の40%強である一方、実際に対策を始めているのは4.5%、さらに「思考・判断・表現」を問う、複数の科目を組み合わせた総合問題に対しても約40%の対象者が対策しておきたいとしながらも実際に対策を始めているのは2.1%とギャップが大きく、対策しておきたい保護者の約20人に1人しか対策が始められていないという結果になった。

以上のように、“教育改革2020”について、3歳~小学3年生の子を持つ保護者の一定の認知はあるものの、その具体的内容については理解の程度にバラつきがあり、また、対策をしておきたい気持ちと実際に対策を始めている行動の間には大きなギャップがあることがわかった。

『まなびwith』とは

まなびwith』は、これまで幼児・小学生の教育分野で培ってきた小学館の信頼を背景に、日本の子どもたちがこれからの新しい社会/世界で活躍できるよう、2020年の教育改革で重視される「思考力」「判断力」「表現力」を「かんがえる力」「ひらめく力」「つたえる力」と再定義し、それらの力を高めることに着目した新しい通信教育サービス。