文教大学付属小学校6年生、Pepperに昔話・童話をプログラミング。学校説明会にて幼稚園児に読み聞かせを披露

文教大学付属小学校は、2020年度より小学校で必修化されるプログラミング教育に先駆け、2018年度より人型ロボット「Pepper」を導入している。

今回、6年生の児童が、総合的な学習のプログラミング授業の一環として、人口知能を搭載した「Pepper」に昔話や童話をプログラムし、7月3日の学校説明会に来校した幼稚園児に読み聞かせを行った。

読み聞かせ当日の様子

総合的な学習の授業の一環として行った今回の取組みは、「Pepper」専用のプログラミングのサイト「Robo Blocks」を利用し、児童がプログラミングを体験しながら、意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を養うことを一つの目標としている。

その上で、より楽しさや面白さ・達成感などを味わえる題材で小学生にプログラミング体験をさせるという意図に基づき独自に実施されたもの。

学校説明会当日に向けて、6年生児童は、ストーリーだけでなく「しゃべる」「動く」「画像を表示する」などのブロック化された命令を組み合わせ、読み聞かせの準備を進めてきた。

「Pepper」が喋る速度や声の高さ、BGM等も、児童が「どうしたら園児がわかりやすく楽しめるか」という聞き手の気持ちを考え、一つ一つ設定。

当日は、保護者が説明を聞いている間、園児を対象に、代表として選ばれた児童4名が制作した『赤ずきん』『3匹のぶた』『うさぎと亀』『マッチ売りの少女』の昔話および童話が披露された。

会場では「Pepper」の独特な言い回しや動きに園児から笑いが起こり、聞きなじみのあるストーリーに挿入される「みんなもうさぎみたいに油断せずコツコツ頑張ろうね」などの児童オリジナルの呼びかけに聞き入っていた。

文教大学付属小学校では今回の説明会に限定せず、これからも児童の主体的なプログラミング教育を実践していく。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録