「進研ゼミ小学講座」オプション教材「かがく組」、習得したスキルを使った作品を投稿するWEBサービス「イマクリ」提供開始

株式会社ベネッセホールディングスの子会社である株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市、代表取締役社長:小林 仁、以下「ベネッセ」)が展開する小学生向け通信講座【進研ゼミ小学講座】のオプション教材「かがく組」は、2019年度より、小学3年生向けにプログラミング教材を加えてリニューアル。

2019年4月から提供している冊子教材とプログラミング教具に加えて、7月25日より、習得したプログラミングスキルを使って作成した作品を投稿できるWEBサービス「イマクリ」の提供を、「かがく組」の受講費(1,008円 毎月払い・税込)内で開始することを発表した。

「イマクリ」開発の背景

2020年度から小学校では、コンピュータに意図した処理を行わせるためのプログラミング的思考を育む「プログラミング教育」が必修化されるため、【進研ゼミ小学講座】では、プログラミング的思考を各教科の内容と関連付けて学ぶ「プログラミングワールド」を2018年度からいち早く提供している。

【進研ゼミ小学講座】のオプション教材「かがく組」では2019年度から、小学3年生向けにプログラミング教材を新たに加えてリニューアルし、7月25日からは、小学校の授業で主に使用されるScratchを利用した新WEBサービス「イマクリ」でプログラミングのレッスン配信を開始する。

「イマクリ」では、教科の内容を超えて、小学生が自由に制作し、表現ができるコンテンツになっており、「もっとプログラミングを自由に使いたい!」という子どもが、習得したプログラミングスキルを使って、世の中の課題を自ら解決したいという意欲を醸成する。

「進研ゼミ小学講座『かがく組』」の概要

「プログラミング」「自然」「社会」「文化」「科学技術」の幅広い分野の知的好奇心を育むことを目的とした「進研ゼミ小学講座」のオプション教材(有料)。

教材は、身近なプログラミングに興味をもてるコンテンツが入った「冊子」と実際に体験して学びを深める「プログラミング教具」、習得したプログラミングスキルを活用するWEBサービス「イマクリ」の3つで構成されている。

冊子では、身の周りのものに備わるプログラミングの原理に気づき、教具では、試行錯誤しながらプログラミングの概念を体験的に理解する。

WEBサービス「イマクリ」では、冊子や教具で養ったプログラミングの知識やスキルを、社会課題の解決に活用したいという意欲につなげていく。

対象

小学2・3・4年生

受講費

1,008円(毎月払い・税込)、12,096円(12号分まとめ払い・税込)

※「かがく組」小学2年生向け教材は冊子のみ、小学4年生向けは2020年4月開講予定。

プログラミングWEBサービス「イマクリ」のサービス概要

「イマクリ」は、「かがく組」受講生限定のWEBサービス。

安心・安全の環境で、目的に向かって試行錯誤するプロセスを重視し、2つの機能を使ってプログラミングの理解を深めることができる。

まず、解説と実習のスモールステップ形式のレッスンで、プログラミングスキルを習得し、体験をとおして基本的なプログラミングの考え方をおさえる。

次に、レッスンで学んだプログラミングスキルを使ってテーマにそった自分ならではの作品を創り、「みんなのイマクリ」に作品を投稿。

投稿をすると、プログラミング作品の制作に使えるオリジナル素材がもらえたり、優秀作品は表彰されたりするなど、プログラミング学習とその成果の表現意欲を持続させるしくみも用意されている。

また、プログラミングでの社会課題解決への意欲を高めるため、シーンの設定も社会課題と関連させている。

例えば、車を動かすトレーニングでも、「山の奥に住んでいるおばあちゃんに会いに行くために最短の手順のプログラミングで車を動かす」という設定で、課題解決への目的意識をもって、予想を立て試行錯誤しながら取り組む内容となっている。