リクルート、高校生の「志願したい大学」ランキングを発表。1位は関東エリア早稲田大学・東海エリア名城大学・関西エリア関西大学

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都品川区 代表取締役社長:柏村 美生)が運営する、リクルート進学総研(所長:小林 浩)は、高校生の大学選びの動向を明らかにするため、2008年より「進学ブランド力調査」として、大学の志願度、知名度の他、大学に対する50項目にわたるイメージを調査している。

今回、2019年の調査結果をまとめ、発表した。

2019年度「進学ブランド力調査」調査結果

関東・東海・関西の志願したい大学ランキング

  • 関東エリアでは「早稲田大学」が3年連続で1位となり、「明治大学」が2位となった。
  • 東海エリアでは「名城大学」が3年連続で1位となり、「名古屋大学」が2位となった。
  • 関西エリアでは「関西大学」が12年連続で1位となり、「近畿大学」が2位となった。
  • 関東エリアでは男子・文系で「早稲田大学」、女子で「青山学院大学」、理系で「東京理科大学」がそれぞれ1位となった。
  • 東海エリアでは男子・理系で「名城大学」、女子で「愛知淑徳大学」、文系で「愛知大学」「南山大学」が同率1位となった。
  • 関西エリアでは男子・女子・文系で「関西大学」、理系で「大阪大学」がそれぞれ1位となった。

関東・東海・関西の「知っている大学」ランキング

関東・東海・関西の「大学のイメージ」ランキング

2019年度「進学ブランド力調査」調査概要

調査項目

2020年3月卒業予定の高校3年生の大学に対する志願度、知名度、イメージを把握し、関係者の参考にする。

調査時期

2019年4月5日~4月26日

調査対象

関東エリア、東海エリア、関西エリアの高校に通っている2020年3月卒業予定者(調査時高校3年生)

調査方法

対象者に調査票を郵送し、記入後郵送で回収