タブレット型AI教材『atama+』、中高生向け英文法のアダプティブラーニングを提供開始

atama plus株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:稲田 大輔)は、タブレット型AI教材『atama+』において、新たに中学生向けの「英文法」の提供を開始したことを発表した。

2017年3月より提供している高校生向けの「英文法」と合わせ、中高生向けの英文法のアダプティブラーニング(学習者一人ひとりに個別最適化された教材を提供する学習方法)による習得を、AIを活用して本格的に行う日本で初めての取組みとなる。

▶アダプティブラーニングとは?メリットや、代表的なサービスは?

「atama+」の中高生向け英文法 提供開始の背景

日本の英語教育は、2020年度の大学入試から従来の「聞く」「読む」に加え「話す」「書く」も含めた英語4技能を導入するなど、グローバル化に対応した「使える英語」を重視する方向に変わろうとしている。

『atama+』は、「英文法」の理解が英語4技能を身につける上での土台になるとの考えのもと、「英文法」を最短時間で習得することに特化した教材を開発してきた。

英語の文章は、基本文型、時制、動詞/助動詞、態、準動詞(不定詞・動名詞・分詞)など、さまざまな文法要素で構成されており、これら一つ一つの要素の正しい理解が「聞く」「読む」「話す」「書く」でも重要になる。

例えば「Was the door locked last night? (昨夜、ドアは鍵がかかっていましたか?)」という英文でつまずいた場合、この英文を繰り返し学習するのが従来の勉強方法だったが、『atama+』ではこの英文を理解できない原因は「受動態」がわかっていないのか、「疑問文」がわかっていないのか、それとも「過去形」などそれ以外の要素が原因なのかを分析・診断の上、最適な教材・体系的なカリキュラムをAIが個別にレコメンド、つまずきの原因を効率的に解消していくことで、英文法が最短で身につく内容となっている。

「atama+」とは

atama+は、生徒が「基礎学力を最短で身につける」ことを目的とした学習プロダクト。

生徒一人ひとりの「得意」「苦手」「伸び」「つまずき」「集中状態」などのデータを「アタマ先生」と名づけられたAIが分析、一人ひとりに合った「​自分専用レッスン」をつくることで学習を効率化する。

AI学習の強みは、つまずきの根本を解消し従来の何倍もの効率で力をつけられる『さかのぼり学習』。

一般的に、わからない単元がある場合、原因は「それ以前の他の単元(しかも複数)の理解不足」ということがほとんど。生徒はもちろん、実は先生でさえ、その根本原因を突き止めるのは困難である。

つまずきの根本原因がわからないまま、ムダに同じことをやり続ける。

​atama+のAIは、データ解析によりこの原因を特定。学年や単元の壁を超えてさかのぼり、①「何を」②「どんな順番で」③「どのくらいの量」やればよいか、一人ひとりに具体的にナビする。

つまずきの根本原因を解決。必要単元を最短で学びどんどん先へ。

例えば、中学英文法「受動態」を学習する場合「受動態」の講義動画や、「be動詞の肯定文・疑問文」の演習問題等がレコメンドされる。

対応教科

  • 高校生向け:数学、英文法、物理、化学
  • 中学生向け:数学、英文法

採用塾数

大手塾の2割強

採用教室数

500教室以上

平均学習完了時間

数I:16時間 数A:15時間 ※学習指導要領で規定されている授業時間は計146時間

得点伸び率

2018年のセンター試験 (数IA)にて、受講生の「得点伸び率」の平均が、+50.4%

※比較対象は受講前(2017年12月末)の過去問成績、2週間で平均14時間45分(1日あたり63分)の学習結果。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録