経産省2019年度「未来の教室」実証事業にZ会が採択、AI教材「atama+」を用いた学び方改革を推進

株式会社Z会(代表者:藤井孝昭)は、経済産業省が主導する『「未来の教室」実証事業』に昨年に引き続き採択されたことを発表した。

2018年度の『「未来の教室」実証事業』の概要

昨年度に実施された『「未来の教室」実証事業』では、50を超える実証事業を通してテクノロジーを積極的に取り入れた革新的な能力開発技法「EdTech(エドテック/Education とTechnologyを組合せた造語)」による学びの革新の在り方が全国各地で試行された。

Z会も「Z会Asteria 総合探究講座」を学校向けにカスタマイズし、iPadを活用した「探究的な学びから教科教育への誘導(主に理科・社会)」という領域にチャレンジ。

結果として、事前と事後のアセスメントでは約半年間の実証を通じて、記述力や関連する教科の学習意欲の向上などが確認された。

Z会の実施する事業の概要

一方で昨年、Z会を含む多くの実証事業者は「探究的な学び」の時間の確保という課題に直面。

そこで本年度は、武蔵野大学中学校・高等学校(学校長:日野田直彦、以下「実証校」)の中学校1年生138名を対象に、「AI教材と人の指導による数学修得の効率化」を通して、探究学習の一層の充実を試みることとなった。

この取り組みは、実証校の教員とZ会子会社である株式会社Z会エデュース(代表者:髙畠尚弘)から派遣されるサポーターとが連携し、タブレット型AI教材「atama+(アタマプラス)」を用いた個々の生徒に最適化された数学の指導を行うことで実現をめざす。

併せて「単元の理解の深さ」についても効果測定を行い、「より深く学べる」環境の構築もめざす。

具体的な事業内容

具体的には、(1)学びの効率化、(2)生徒の理解度・意欲の向上、(3)STEAM教育による探究的な学びの促進の3つをめざす。

(1)(2)については実証校の教員とZ会の派遣サポーターの下で「atama+」を活用し、個別最適化された教材で効率的な指導と学習意欲向上をめざす。

(3)については経済産業省が今回新たに構築する「STEAM Library」と呼ばれる教材データベースから、学校が選択した探究プログラムを実施する予定。

Z会では実証事業を通して、多くの学校の「探究学習の充実化」を、人による指導とAIの活用という両軸で実現することをめざすとともに、今回の実証で培ったノウハウを全国の学校に展開することも視野に学び方改革を推進していく。