ソニーのロボットプログラミング学習キット「KOOV(R)」を使用したファッションアイテムを「バンタンデザイン研究所」の学生が考案

株式会社バンタン(本部:東京都渋谷区 代表取締役会長:石川広己)が運営するファッション、ヘアメイク、グラフィックデザイン、映像のスクール「バンタンデザイン研究所」は、ソニー株式会社(以下、ソニー)主催の、テクノロジーでファッション表現の可能性を広げるワークショップに参加。

7月6日(土)に渋谷モディ1階にあるソニーの情報発信拠点、ソニースクエア渋谷プロジェクトで開催されたコンテストで、ソニーのロボット・プログラミング学習キット「KOOV(R)(クーブ)」を使用したファッションアイテムを学生が発表した。

「KOOV(R)(クーブ)」を使用したコンテストの内容

本コンテストは、次世代のクリエイターを生み出すソニー主催のワークショップ『Square Program(スクエア プログラム)』の一環で行われた。

テーマは「ファッション×プログラミング」。

ファッションとテクノロジーの可能性を広げるだけではなく、未来のファッションデザイナーがプログラミングを新たな表現方法として習得し、世界で活躍するデザイナーに自身の作品を評価してもらうことで自己成長するきっかけを創ることを目的とした。

参加したのはファッションデザイン科の学生による5チーム。

「KOOV(R)」の使い方から学び、2カ月掛けて、インタラクティブなデザインかつ、それぞれが掲げた課題を解決する機能を搭載したファッションアイテムを制作した。

温暖化が進んだ近未来の子供のために、仮想の汚染物を検知し、発光して警告するシューズ。

子供の交通安全を守るために交通標識をイメージし、上に向けると青に光るステッキを搭載した衣装。

また、新しい工業用作業着を提案すべく、ジャケットベストのポケットに入れた飲み物を自動で口まで運んでくれるリフティング機能を搭載した衣装など、ユニークなアイテムが発表された。

優勝したのは雨に反応して光り、音が鳴る「憂鬱な雨の気分を盛り上げる傘」。

「雨の日の憂鬱な気分を晴らすことのできる空間づくり」をコンセプトに、傘に搭載されたLEDパーツが一定のリズムで発光し、雨が当たって振動を検知するとブザーパーツが音を奏でる仕組みとなっている。

傘の中が自分だけのための特別な空間になるようデザインされ、ターゲットが楽しめるファッション性に実用性をかけあわせることで、新たなファッションの可能性を生み出した。

審査員からは、「傘本来の機能に加えて、新しい別の機能を付与できたことがすばらしい。傘の中で自分だけの空間を楽しめるというのが面白い。」、「傘の中というパーソナルな空間に、ライブハウスのような空間を設けられるというアイディアがすごい。」と評価された。

優勝作品は7月中旬から8月末まで、ソニースクエア渋谷プロジェクト内で展示される。

優勝作品「憂鬱な雨の気分を盛り上げる傘」/制作の様子

株式会社ソニー・グローバルエデュケーション 礒津政明氏メッセージ

プログラミングとは世の中のものを創り出し、言語化できるものですが、今回はファッションと掛け合わせたことで言語化できない部分の表現をすることができました。今後の商品開発への学びがありました。

ソニー株式会社 クリエイティブセンター シニアアートディレクター 奥村光男氏メッセージ

どのチームもインパクトがあって、すばらしかったです。KOOV(R)は、主に子供向けのロボット・プログラミング学習キットですが、今回ファッションの専門学生がこんなにもKOOV(R)を使って遊んでくれたことで、KOOV(R)のこれからの可能性をますます感じました。

参加学生のコメント

どうやって作るか悩んだが、とても嬉しいです。普段は一人で作ることが多いので、共同制作できたことも楽しかったです。今後は、ファッションに自分自身の感情を遷移させて、外に表現できるようなこともできると面白いと思います。

開催概要

日時

2019年7月6日(土)13:00~15:00

場所

渋谷モディ1階 ソニースクエア渋谷プロジェクト(東京都渋谷区神南1-21-3)

優勝作品展示概要

期間

7月中旬~8月末 11:00~21:00

場所

渋谷モディ1階 ソニースクエア渋谷プロジェクト(東京都渋谷区神南1-21-3)


EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。