明光、小学生の夏休みの過ごし方に関する調査結果を発表。2人に1人が英語を勉強、プログラミングの勉強は約2割

個別指導の学習塾「明光義塾」を全国展開する株式会社明光ネットワークジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山下 一仁)は、令和初の夏休みを迎えるにあたり、小学4年生から中学3年生の子どもを持つ全国の保護者の男女800名および、明光義塾が運営するコミュニティサイト「メイコミュ」の会員を対象に、【夏休みの子どもの過ごし方】に関するアンケート調査を実施し、結果を公表した。

メイコミュ」は明光義塾に通う子どもを持つ保護者のためのコミュニティサイト。

「全国の明光義塾の保護者が集まって、楽しみながら子どもを応援できる場所を作りたい!」という思いからオープンした。

「夏休みの子どもの過ごし方に関する実態調査」結果概要

  • 保護者の約4割が子どもの夏休みの宿題を手伝っている!
  • 夏休みの宿題が必要と感じている保護者は73.6%
  • 夏休みの自由研究が必要と感じている保護者は26.1%
  • 夏休み中、保護者の45.7%が子どもにストレスを感じている
  • 夏休み中、自宅以外で最も多くの時間を過ごす場所は第1位「クラブ、部活動(19.6%)」

「夏休みの子どもの過ごし方に関する実態調査」結果

2020年の「教育改革」により、小学校では「英語」、「プログラミング」が本格導入されます。あなたのお子さまは、今年の夏休み中「英語」や「プログラミング」の勉強をしますか?(n=400・単一回答方式)

令和初の夏休み、小学生の勉強事情は!? 2人に1人は英語を勉強、プログラミングの勉強は約2割!

小学4年生から小学6年生の子どもを持つ保護者男女400名を対象に、あなたの子どもは、今年の夏休み中に「英語」や「プログラミング」の勉強をするか聞いたところ、「英語」に関しては、「勉強する(26.5%)」、「どちらかというと勉強する(23.8%)」と合わせて50.3%、小学生の2人に1人が今年の夏休み中に、英語の勉強をすることが分かった。

また、「プログラミング」に関しては、「勉強する(5.2%)」、「どちらかというと勉強する(13.8%)」と合わせて19.0%の小学生がプログラミングの勉強をすることが分かった。

Q1.昨年の夏休み、あなたはお子さまの宿題を手伝いましたか?(n=800・単一回答方式)

保護者の約4割が子どもの夏休みの宿題を手伝っている!

小学4年生から中学3年生までの子どもを持つ保護者男女800名を対象に、昨年の夏休みに、子どもの宿題を手伝ったか聞いたところ、「手伝った(39.5%)」、「手伝っていない(60.5%)」と、約4割の保護者が宿題を手伝っていたことが分かった。

Q2.あなたはお子さまの宿題を手伝うことに対してどのように感じますか?(n=311・単一回答方式)

夏休みの子どもの宿題を手伝う保護者の気持ちとは?「子どものためになる(40.2%)」「子どものためにはならない(32.8%)」

次に、昨年の夏休み、子どもの宿題を手伝ったと回答した保護者311名を対象に、子どもの宿題を手伝うことについてどのように感じるか聞いたところ、「子どものためになる(9.0%)」、「どちらかというと子どものためになる(31.2%)」と合わせて40.2%、夏休みの宿題を手伝っている保護者の4割は、子どものためになると思い手伝っていることが分かった。

一方で、「子どものためにはならない(6.8%)」、「どちらかというと子どものためにはならない(26.8%)」と合わせて32.8%の保護者は、子どものためにならないと感じながら手伝っていることが分かった。

Q3.あなたは夏休みの宿題は必要だと思いますか?(n=800・単一回答方式)

Q4.あなたは夏休みの自由研究は必要だと思いますか?(n=800・単一回答方式)

夏休みの「宿題」は必要73.6%、夏休みの「自由研究」は必要26.1%

夏休みの「宿題」、「自由研究」について、それぞれ必要だと思うか聞いたところ、「宿題」については、「必要(35.4%)」、「どちらかというと必要(38.2%)」と合わせて73.6%の保護者が夏休みの宿題は必要であると感じていることが分かった。

また、「自由研究」については、「必要(7.2%)」、「どちらかというと必要(18.9%)」と合わせて26.1%の保護者が夏休みの自由研究は必要であると感じていることが分かった。

Q5.あなたはお子さまの夏休みは長いと思いますか?(n=800・単一回答方式)

子どもの夏休みは長いと感じるか聞いたところ、「とても長いと思う(18.5%)」、「どちらかというと長いと思う(33.6%)」と合わせて52.1%、保護者の2人に1人が、子どもの夏休みは長いと感じていることが分かった。

明光義塾のコミュニティサイト【メイコミュ】に寄せられた回答から

  • 短くしてもいいと思います。家にいてもダラダラするので、講習に行かせます。お金がかかって仕方がない。(中学3年生の保護者)
  • 長いとは思いますが、学校では学べないことを出来るだけ経験するにはよいと思います。家族との時間も出来るだけ取りたいと思います。(中学1年生の保護者)
  • 出来れば学校にいてくれたほうが安心。共働きだと、目が行き届かない。(小学5年生の保護者)
  • 長すぎるので短くしてほしいです。宿題があるのにとりかかるまでにかなりの時間がかかる。(中学2年生の保護者)
  • 短くなるものなら短くなってほしいです。子供が3人いるので、夏休みは私にとって試練です。(小学4年生の保護者)
  • 学校で夏期講習もしてくれるため助かっています。また夏休みがあることで、普段はできないワークショップでの体験などができ、個人的にはちょうど良いと感じています。(中学3年生の保護者)
  • 学習や余暇を過ごす為には、ちょうど良い期間だと思います。計画的に予定を立てておけば、いろんな事に挑戦する機会も増えて良いと思います。(小学4年生の保護者)

Q6.昨年の夏休み、あなたは子どもに対してストレスを感じましたか?(n=800・単一回答方式)

夏休み中、保護者の45.7%は子どもにストレスを感じることがある

昨年の夏休みに、子どもに対してストレスを感じたか聞いたところ「ストレスを感じた(15.6%)」、「どちらかというとストレスを感じた(30.1%)」と合わせて45.7%の保護者が、夏休み中、子どもにストレスを感じていることが分かった。

Q7.今年の夏休み、自宅以外であなたのお子さまが最も多くの時間を過ごす場所はどこですか?(n=800・単一回答方式)

夏休み中、自宅以外の過ごし場所ランキング最多は「クラブ、部活動(19.6%)」

夏休み中、自宅以外で子どもが最も多くの時間過ごす場所はどこかを聞いたところ、第1位が「クラブ、部活動(19.6%)」、第2位が「学校(18.4%)」、第3位が「学習塾(18.2%)」と続いた。

また、その他の意見としては「祖父母の家」、「公園」、「職場」などが上がった。

「夏休みの子どもの過ごし方に関する実態調査」調査概要

有効回答数

小学4年生から中学3年生までの子どもを持つ保護者800名(小学生4~6年生の子どもを持つ保護者:400名・ 中学生の子どもを持つ保護者:400名)

調査期間

2019年6月25日~2019年7月2日

調査方法

インターネットリサーチ調べ

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録