ロクナナワークショップ、C#を使わずに3Dゲーム開発の基本を学べるUnity講座を8月27日より毎月開講

Webデザインの学校 ロクナナワークショップは、2019年8月よりUnity講座を開講することを発表した。

「束田大介のUnity入門講座」概要

Unityはマルチプラットフォーム開発を軸とした、多機能な開発ツールとなっている。

なんでもできるが故に、何から始めたら良いか、最低限、どこまでの理解力があれば良いかの範囲がとても広い。

講座では、基本的なUnity.Editorの使い方とUnity.Engineの違いから説明し、3Dコンテンツを作るための基礎と、難解なスクリプトを書かずに、ここまでできるという範囲を理解できる事を目標としている。

講座の内容

  • Unityの基礎を理解する
  • 3Dコンテンツの仕組みを理解する
  • 実際に3Dのステージを作り動かしてみる
  • UIを実装し、ゲームらしい様式に拡張する

といった、Unityを使う上で基本的な部分を網羅する予定。

全てUnityAPIや、配布しているパッケージを使用して作るので、開発環境を整えるための費用は一切かからない。

カリキュラム概要

  • Unityの基礎(Unity.EngineとUnity.Editor)
  • 物理エンジン&当たり判定
  • 3Dモデルを作る
  • アニメーションを作る
  • UIを作る
  • プレイヤーを作る
  • ゲームの絵を作る

対象

  • Unityを始めてみたいけど基礎がわからない
  • 仕事でUnityを使っているけどそもそものメリットを理解したい
  • VRをやってみたいけど何からやったらいいのかわからない
  • スマートフォンのアプリを作ってみたい

初回開講日時

2019年08月27日(火) 11:00〜18:00(全1回、毎月開講予定)

講師

束田大介(ツカダ ダイスケ)氏

定員

各回6名

受講料

29,800円(税込み・各種割引あり)

会場

ロクナナワークショップ