ワークショップ型キッズプログラミング教室「リトルプラネット アカデミア」、ららぽーと新三郷で7月13日より始動

遊びが学びに変わる次世代型テーマパーク「リトルプラネット」を全国6箇所で運営する株式会社プレースホルダ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:後藤貴史)は、リトルプラネットが企画・運営を手がけるワークショップ型キッズプログラミング教室「リトルプラネット アカデミア」(以下、リトプラアカデミア)を、ららぽーと新三郷(埼玉県三郷市)のリトルプラネット内で7月13日より本格始動することを発表した。

今後は“アソビで未来を切り拓く”というコンセプトのもと、自分が落書きした魚の絵をプログラミングで動かせる「デジタル魚釣り」講座(7月13日開講予定)など、「遊び」を軸とした独自のプログラムを展開していく。

また今夏には、自由研究に役立つ特別講座を各地のパークで同時開催する夏期限定ワークショップも実施予定。

「リトルプラネット アカデミア」始動の背景

2020年度からの小学校におけるプログラミング教育の必修化に向けて、リトルプラネットでは一部のパークで不定期にプログラミング教室を開催し、これまでに200名以上が参加してきた。

こうしたなか保護者からは、「プログラミング体験の場をもっと増やしてほしい」という声が多数挙がっていた。

これを受け、本格始動するリトプラアカデミアでは、主に6歳~12歳を対象に、各種プログラミングツールを活用した独自の企画を提供していく。

すべての講座が1回で完結するワークショップ型のため、プログラミング初挑戦のお試し体験や、リトルプラネットとのセット体験など、遊びの延長として気軽に参加することが出来る。

塗り絵やAR(拡張現実)などリトルプラネットの人気アトラクションと連動したプログラミング体験を通じて、子どもたちに「自分でアトラクションを作ってみたい」という意欲や、「どんな技術が使われているんだろう?」という探究心を持ってもらい、リトプラアカデミアならではの“アソビで未来を切り拓く”きっかけ作りにつなげていく。

新規講座として7月13日(土)より、自分が描いた魚の動きをプログラミングして参加者同士で魚釣りバトルが楽しめる「デジタル魚釣り」講座を開講する。

工作した釣り竿を使って参加者同士で釣りスピードを競争したり、お互いの魚の動きを比較し合ったりと、楽しみながら自然とプログラミングの感覚を身につけることが出来る。

さらに8月には、自由研究応援ワークショップ「micro:bitでスパイウォッチを作ろう!」(仮)をリトルプラネットの各パークで同時開催予定。

これに先駆け7月25日(木)・26日(金)に、ららぽーと新三郷で同ワークショップを先行体験できるイベントを実施する。

企画・運営

「リトルプラネット アカデミア」スーパーバイザー・佐瀬 昌弘氏

2006年「キッザニア東京」開業より約10年にわたり運営に従事し、2011年からは運営マネジャーとして全体統括を行う。

キャリアコンサルタント国家資格を保有し高校生のキャリア支援や児童教育に携わる中、2017年株式会社プレースホルダに入社。「リトルプラネット」全パークのスーパーバイザーとして運営統括を行うなど、一貫して「子どもの未来」に携わり続けている。

「リトルプラネット アカデミア」企画開発プロデューサー・正垣 健太氏

株式会社カプコン、株式会社バンダイナムコエンターテインメントでアミューズメントゲーム開発に約16年間従事しゲーム機の企画プロデュースに携わる。

2015年より新規事業として国内最大級のVRエンターテインメント施設や子ども向けデジタルアトラクション開発に従事。2018年に独立し東京都町田市でキッズプログラミングスクール「KodoLabo」を開業。また同年より株式会社プレースホルダに所属、「リトルプラネット」の空間設計やアトラクション企画を行う。

リトルプラネットとは

リトルプラネットはAR(拡張現実)などのデジタル技術を駆使して子どもたちの探究心や創造力を刺激する、全く新しいタイプのファミリー向けテーマパーク。

砂遊びや紙相撲などの昔ながらの遊びに最新のデジタル技術を融合したアトラクションを通じて、子どもたちに“未来のアソビ”を提供する。

現在、お台場、新三郷、福岡、横浜、大宮、松戸の6か所に常設パークを展開している。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録