スマホで学べるオンライン資格講座「STUDYing」、個々の苦手問題をより効率的に練習できる「問題横断復習機能」をリリース

スマホで学べるオンライン資格講座「STUDYing(スタディング)」を提供するKIYOラーニング株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:綾部貴淑)は、資格試験対策で最も重要な問題練習において、個々の苦手問題をより効率的に練習できる「問題横断復習機能」をリリースした。

「問題横断復習機能」開発の背景

1レッスン毎に間違えた問題だけを復習する機能は従来から高い評価を得ている。

一方で、「試験前に講座のすべての問題をまとめて復習したい」という受講者の声に応えるため、「問題横断復習機能」は開発された。

得点力をアップさせるコツのひとつに「苦手問題の克服」がある。

問題横断復習機能を使えば、受講中に間違えた問題や、「要復習」にチェックした問題だけを選んでまとめて復習することができる。

また、問題練習する範囲をカスタマイズでき、科目や不安なテーマに絞り込んで復習ができる。

出題は難しい問題順(正答率の低い順)や解答日時が新しい順など、複数選ぶことができる。

試験直前期など、優先順位をつけて復習したいときにも便利な機能。

「問題横断復習機能」とは

主な機能

  • 前回間違えた問題を抽出して出題
  • 要復習にチェックした問題を抽出して出題
  • 出題範囲を任意に設定
  • 出題する問題数を設定
  • 問題横断復習での結果を表示
  • 出題順番を選択して出題(ランダム・正答率の低い順・正答率の高い順・解答日時が古い順・解答日時が新しい順・問題番号順)

問題横断復習機能のイメージ

これまで、問題レッスン毎の機能であった「前回間違えた問題」「要復習にチェックした問題」をまとめて復習する機能を拡張し、コース内全体で復習することが可能になった。

「STUDYing(スタディング)」とは




STUDYingは、短期間で合格した人々の学習法を徹底的に研究し、10年以上も改善を重ねてきた”オンライン専門”講座。

受講者は3万人を突破している。

STUDYingは時間がない人でも合格を目指すことができるよう、スマホ・PC・タブレットを使い、通勤時間などのすきま時間にも学習することができる。

現在、法律系では司法試験・弁理士・行政書士、会計系では税理士・簿記、ビジネス系では中小企業判断士のほか、宅建士、データサイエンティスト基礎講座などの資格・試験に対応した講座がリリースされている。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録