英語スピーキング評価AI技術「CHIVOX」、短期集中型英語ジム「ENGLISH COMPANY」に提供開始

英語スピーキング評価AI技術「CHIVOX (チボックス) 」を日本国内で独占販売するアイード株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:宮澤瑞希、以下「アイード」)は、2019年7月4日より短期集中型英語パーソナルジム「StudyHacker ENGLISH COMPANY」(以下:ENGLISH COMPANY)と自習型の英語学習コンサルティングサービス「ENGLISH COMPANY THE CONSULTANT」を運営する株式会社恵学社(本社:京都府京都市下京区、代表取締役社⻑:岡 健作、以下「恵学社」)に「CHIVOXオープンクエスチョンカーネル」を国内で初めて提供を開始することを発表した。

「CHIVOX」開発と導入の背景

恵学社は言語習得の科学「第二言語習得研究」(SLA)をベースにした90日間の科学的英語トレーニングにより、のべ6000名以上の英語力大幅アップを実現してきた。

今回、これまでパーソナルトレーナーが個別に実施していたスピーキングのアセスメントをさらに効率よく行うため、「CHIVOXオープンクエスチョンカーネル」を活用した評価ツールを開発した。

これによって、「複数の回答が想定される問い」に対し、独自アルゴリズムを用いた解析により多次元評価を可能にすることが出来る。

恵学社 代表取締役社長 岡健作氏より

これまでも、科学技術の進歩は英語学習者の学習生産性をあげてきました。AIをはじめとする最先端の技術は、この流れを大きく加速させると確信しています。AIの技術をいちはやく取り入れ英語学習をより効率的なものにしていければと考えています。今回の取り組みにより、私たちが掲げる「時短英語」、すなわち、より短い時間で効率的に学びの成果を得るという理想に近づくため、鋭意努力して参ります。

アイード 代表取締役社長 宮澤瑞希氏より

CHIVOXの利活用によって、スピーキング評価作業で発生する様々な課題を解決することできます。恵学社様とは協業に向けた具体的な議論を交わす中で、少しでも「時短英語」のビジョンに近づくために、どうCHIVOXを活用するのがベストか?様々なアイデアを検討して参りました。今回の協業を通じて「時短英語」のビジョン実現に貢献して参ります。

 「CHIVOX」とは

「ENGLISH COMPANY」に提供を開始する「CHIVOX」は132の国と地域で利用され、1,000社以上のプロダクトに導入されており、毎月6億回以上のスピーキング評価が行われている英語スピーキング評価AI技術。

スピーキング評価AI技術の提供では中国英語教育市場全体の約50%を占有しており、また江蘇省等の自治体が行う大学入試および高校入試の英語スピーキングPartの採点システムとしても利用されている。

発音の精密な評価・フィードバックに加え、文章全体の正確性・完全度・流暢さ・抑揚などを総合的に評価することが出来る。

「CHIVOX」は評価対象別(ワード/センテンス/パラグラフ/オープンクエスチョン、等)、且つ、レベル別(幼児レベル/普通レベル/ネイティブレベル)にスピーキング評価AIエンジン(カーネル)を用意。

その内、今回「ENGLISH COMPANY」に提供するのは「オープンクエスチョンカーネル(以下、本カーネル)」と呼ばれる「複数の回答が想定される問い」に対する回答の自動評価を行うものであり、本カーネルを用いたサービスのローンチは国内初となる。

本カーネルを「ENGLISH COMPANY」内で提供されるサービスに導入することで「複数の回答が想定される問い」に対し、従来はパーソナルトレーナーが個別に実施していた、スピーキングアセスメント業務の効率化及び採点均質化の実現、また多次元評価によって、パーソナルトレーナーが行うフィードバックの内容充実化を支援する。

ENGLISH COMPANYについて

ENGLISH COMPANYは、言語習得の科学『第二言語習得研究』の知見を用いたトレーニングで、受講生の学習生産性を最大化し、短期間で英語力の大幅アップを可能にする、「時短型」英語ジム。

わずか3ヶ月でTOEIC®のスコアを400点も上げるなど、多数の大幅スコアアップで話題を呼び、受講生と拠点数を増やしている。

2018年5月には、卒業生様向けの会員制継続プラン「EC Prime」をリリースし、3ヶ月終了後の受講生の学習サポートも開始。