バンタンテックフォードアカデミー、開校記念イベント(パネルディスカッション・体験イベント)の内容を発表。ドワンゴ 夏野氏・ZOZOテクノロジーズ 今村氏・タレント兼エンジニア 池澤氏が登壇

株式会社バンタン(本部:東京都渋谷区 代表取締役会長:石川広己)は、「バンタンテックフォードアカデミー(VANTAN TECHFORD ACADEMY)」の2020年4月開校を記念して、株式会社ドワンゴ代表取締役社長の夏野剛氏、株式会社ZOZOテクノロジーズ 執行役員 VPoE 開発部 部長の今村雅幸氏、タレント兼エンジニアの池澤あやか氏による、「デジタル変革時代のトップリーダーが本音を語る~IT戦略とテック人材~」をテーマとしたパネルディスカッションと、今後のIT人材に求められる企画力と実践力を磨く「プロジェクト型学習」の体験イベントを、6月30日(日)にバンタンにて開催し、今回、そのイベントの内容を公開した。

パネルディスカッション「デジタル変革時代のトップリーダーが本音を語る~IT戦略とテック人材~」の内容

新しいサービスを生み出すことも大事だが、既存のサービスをアップデートする“リノベーションエンジニア”も重要

はじめに、動画配信サイト「ニコニコ動画」、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」など、ITを駆使したサービスで成功を収めてきた夏野氏と今村氏を中心に、今自社に欲しいIT人材に関する本音トークを展開。

夏野氏は「0から1を生み出すエンジニアだけでなく、現状をきちんと把握し既存のサービスをアップデートできる“リノベーションエンジニア”が欲しい」と話し、今村氏も賛同。

また、夏野氏は「ITはほぼ全ての業界で重要であり、まだ導入していない業界に対してはぜひ若い世代がIT技術を持って乗り込んでいき、改革して欲しい」と話した。

プログラミングで重要なのは“いやなものをなくしたい”という気持ち。夏野氏は「僕は小さい頃から“小銭”がいやだった。だからおサイフケータイを作った。」

小学校でも2020年度からプログラミング教育が必修化されるが、夏野氏は「プログラミングを学ばなきゃと難しく考えるのではなく、身の回りの課題や悩みを解決しようとする時に何が必要かという観点でプログラミングを考えて欲しい」と話した。

今村氏は「プログラミング技術は課題解決の手段。それを使って何がしたいかを明確に持つことが大事で、それがあるとプログラミングがもっと楽しくなる。」と語った。

また、イノベーティブなサービスを開発するに至った“きっかけ”については、夏野氏は「課題や悩みは単純に“自分がいやだと思うこと”で良い。僕は小さい頃から小銭がいやだったため、おサイフケータイを作った。」と、革新的なサービス誕生の裏側を公開。

池澤氏も、「私は“物理鍵”が昔からいやで、今スマートロックの開発に携わっています。」と夏野氏の考えに賛同した。

ライフイベントがある女性にこそ、リモートワークが可能なプログラミングを学んで欲しい

最後に、「女性エンジニアの可能性~日本と海外の違い~」についてトークを展開。

海外と比べ、日本において女性エンジニアが少ない点について、「文系・理系の壁」があることや、エンジニアがかっこいい・おしゃれというイメージを作ることも大事だという意見が出た。

池澤氏はプログラミングを始めたきっかけについて、「タレント活動の合間にできることを探していた時に、パソコン1つでできる点に魅力を感じプログラミングを始めた」と話し、「女性は結婚、出産などライフイベントがあるため、リモートワークでできるプログラミングは魅力的」と語った。

人口問題や働き方改革が叫ばれる日本において、プログラミングこそが重要

夏野氏はディスカッションの最後に、「プログラミングやIT技術を使って生産性をあげることが、(特定の業界だけでなく)日本社会全体にとって重要だ」と話し、今村氏も「働き方改革が叫ばれる中、プログラミングという“効率化できる技術”を持って非効率な部分に乗り込んでいくことが日本社会全体に良い影響を与えるだろう」と一言。

改めて今の日本におけるプログラミングの重要性について触れ、本ディスカッションのまとめとした。

実践型プログラミング教育「プロジェクト型学習」体験イベントの内容

本イベントでは、バンタンテックフォードアカデミーの最大の特長である、学生が企業の課題をヒアリングし、企画・提案・開発までを行なう「プロジェクト型学習」を、現役の中高生を含む学生24人が体験。

4つのチームに分かれ、株式会社ホリプロデジタルエンターテインメントに所属する新人VTuber“伊達あやの”の更なる成長戦略を企画し、プレゼンテーションを通してホリプロデジタルエンターテインメントに提案した。

参加学生は課題に向けた企業側の思いとして、VTuberの市場背景と“伊達あやの”のプロフィールや活動の説明を受けた後、中高生ならではの経験や思い、また、“伊達あやの”を見て実際に感じたリアルな意見をもとにディスカッションを行い、それぞれが思い描く“伊達あやの”の今後の活躍に向けた方向性を発表。

「敢えてVTuberには珍しい童謡やラップ調の楽曲を制作することで、他のVTuberとの違いを作る」、「伊達あやのをもっと身近な存在と感じてもらえるよう、日常的な様子や生活感を意識して見せていく」、「伊達あやのだけでなく、伊達家として家族ごとプロデュースする」などの提案がされた。

学生たちの革新的な意見にホリプロデジタルエンターテインメント側も刺激を受け、「企画案の採用を前向きに検討したい」とフィードバックを行った。