KUMON、ウルグアイ東方共和国に公文式教室を開設

株式会社 公文教育研究会(以下、KUMON)〔代表取締役社長:池上秀徳〕は、2019年6月、ウルグアイ東方共和国に公文式教室を開設したことを発表した。

現在KUMONは南米7か国に展開しており、今後も一人でも多くの子どもたちに公文式学習の場を提供することを目指す。

今回開設した公文式教室について

2019年6月、ウルグアイ東方共和国(以下、ウルグアイ)のモンテビデオに開設した公文式教室と指導者は以下の通り。

教室名

ポスィートス(Pocitos)

指導者名

カミーラ・ポチンテスタ (Camila Pochintesta)

指導教科

算数・数学、スペイン語(母国語)、英語(EFL)

管轄事務局

南米公文(本社 ブラジル・サンパウロ)

ある企業の人事部責任者として働いていたカミーラ先生。

以前から起業願望があり、公文式と出会ったことにより、「子どもの成長をサポートし、その教育に深く関わることができる」と指導者に応募した。

カミーラ先生は、ウルグアイに既存教室がないため、アルゼンチンのブエノスアイレスの教室で1週間、生徒指導の研修を受けた。

そこでの初めての指導体験に感動し、公文の指導者になりたいと確信したそうだ。

カミーラ先生は5月31日に公文式説明会を開催し、保護者からの期待も大きいと感じている。

「日々生徒が課題を乗り越えて成長し、喜んで教室に通ってくれることに、この上ない喜びを感じます。生徒の成功は私の成功です!」と語るカミーラ先生は、教室の子どもたちの様子に手ごたえを感じている。

今後のウルグアイでの公文式教室展開について

KUMONはこれから5年間で20教室開設していく予定。

ウルグアイの子どもたちの能力開発により、国の教育向上に貢献することを目指す。


ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。