マイナビ、高校生向け総合オンライン学習サイト『locus』を2020年4月にオープン

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2020年4月に、高校生向け総合オンライン学習サイト『locus(ローカス)』をオープンすることを発表した。

『locus』は、フィールドスタディ(職業体験)を効果的に行えるように、事前学習から事後学習を通して、地域や産業、地元企業や様々な職業とのつながりを学び、探求学習が行える総合オンライン学習サイト。

就職・進学など、将来の進路選択時にさまざまな可能性を広げるきっかけを提供する。

『locus』とは

「2020年卒マイナビ大学生Uターン・地元就職に関する調査」(2019年5月28日発表)では、2020年卒予定の大学生・大学院生のうち、地元就職希望率は49.8%で、調査を始めた2012年卒以来で最低となった。

売り手市場のもと、就職活動をする学生の大都市志向が強まっており、地域の未来を支える人材不足は大きな課題だ。

また、Society5.0時代の到来に向けて、課題解決力を育む探究的学習の必要性も高まっている。

『locus』では、進学・就職を検討する高校生を対象に、地域企業を舞台にした探究学習の機会を提供することで、将来のキャリアを見据えた学部・学校選びを促進する。

さらに、ネームバリューや企業規模に左右されない就職時の企業選択や、将来的な地域への人材環流と定着を目指す。

『locus』のプログラムでは、フィールドスタディ(職業体験)に参加する際、高校生と受け入れ企業の社員にアンケート調査(適性検査)を実施し、調査結果をAI(人工知能)で分析。

これによって、その高校生にマッチした企業を『locus』のサイト内で推薦する。

地元の企業を知る機会が少ない普通科の高校生などが、従来はなかなか接点を持つことが難しかった企業群で、体験学習をすることが可能になる。

サイトオープンに先駆けて、今年7月より下記のWebフォーム上で、フィールドスタディ受け入れ企業の募集をスタートする。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録