wacle、関西学院大学商学部と産学連携プロジェクトを開始。実際の企業の経営課題をゼミの課題として設定、ビジネス体験の場を提供

株式会社wacle(東京都港区、代表取締役CEO:山本 援、読み「ワクル」)は、関西学院大学商学部経営戦略論ゼミ(森谷周一助教)と提携し、産学連携プロジェクトを開始したことを発表した。

このプロジェクトでは実際の企業の経営課題をゼミの課題として設定する。

ゼミの学生が1年間かけて課題解決の方法を模索し、企業へ提案することを通じてリアルなビジネスを経験できる場を提供することを目的としている。

wacleと関西学院、提携の背景

近年、日本企業を取り巻く環境は複雑さを増している。

インターネットの普及によるビジネスのデジタルトランスフォーメーション、国内外の競争激化に伴うグローバルリゼーション、少子高齢化によるマーケットの変化、消費者ニーズの細分化・多様化など企業は自ら変化を望まなければ事業継続が難しい状況に立たされている。

一方でこれから社会に出ていく世代にとっても、大手企業の凋落や経営破綻のニュースは珍しくなく、かつての終身雇用制は崩壊し始めており、今後の社会人人生への不安の影は後を絶たない。

また、ビジネス環境の変化から、より実践的なスキルを有し即戦力として輝ける人材が社会から求められている。

このような背景から従来型の理論の勉強だけでなく、より実践的な経験を提供できるよう関西学院の森谷周一助教は株式会社wacleと産学連携し、自身のゼミにおいて実際の企業の経営課題解決をテーマとしたカリキュラムの提供に至った。

産学連携プロジェクトの概要

株式会社wacleは、三重県で創業300年の和菓子屋「小原木本舗 大徳屋長久」(三重県鈴鹿市、代表取締役:竹口 久嗣)と提携し、絵本のストーリーに沿って実際に和菓子作りを親子で楽しめる体験型絵本『さわってつくってたべる絵本』(たべほん)を開発中だが、この商品は「人口減少や少子高齢化などの市場環境の中で江戸時代から続く和菓子の伝統をどうすれば後世に受け継げるか」という大徳屋長久 竹口氏の危機感から始まった。

そこで、今回の産学連携プロジェクトでも「どうすればより多くの人に和菓子を楽しんでもらい、後世に和菓子を受け継いでいくことができるか」というテーマで学生にチームで解決策を考えてもらう。

市場調査や競合分析、商品企画などのマーケティング戦略を中心に、今後も企業経営を存続させるための経営戦略を立案し、優れた案は実際に経営に反映される。

また、夏のゼミ合宿では実際に大徳屋長久の製造工場や店舗を訪れ、理論だけでなく実際のビジネスの現場を感じるカリキュラムも予定している。

学生の進捗状況に対して、コンサルティングファームや事業会社出身のwacle経営陣及び大徳屋長久 竹口社長より都度フィードバックを行い、フィードバックを元に学生は戦略案をブラッシュアップしていく。

関西学院大学 経営戦略論 助教 森谷周一氏

経営のリアルな部分を肌で感じられる課題解決型プロジェクトへの参画を以前から模索していましたが、実際のところ大学生が実在する企業に直接的かつ深くかかわる機会はそれほど多くありません。

この度、wacle様を通じて取り組む本プロジェクトが、企業経営やマーケティングに関心のある学生にとって有意義な学習モデルとなることを願っています。

株式会社wacle 代表取締役CEO 山本援

私たちと大徳屋長久様の「和菓子の伝統をどうすれば後世に受け継げるか」という課題に対し、この度のプロジェクトを通じて学生とコラボレーションすることにより、私たちでは思いつかない解決策が生まれるのではと期待しております。
また、学生が社会に羽ばたく前に、リアルなビジネスの現場を経験して、考え方を広げ、人生の選択肢を増やすきっかけになればと強く願っております。

まだまだ大徳屋長久様のような課題を抱えている企業様が業種問わず多数いらっしゃると思いますので、このプロジェクトに賛同いただける企業様とも広くコラボレーションしていきたいと思います。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録